平成24年度データ


3年生送別会での剣道部寸劇


その1 城南・八代・益城地区総合体育大会 剣道競技
その2 第19回黒木旗高等学校剣道大会
その3 第10回全国優秀校女子剣道錬成京都大会
その4 平成24年度熊本県高等学校総合体育大会
その5 第59回全九州高等学校剣道競技会
その6 第4回全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会
その7 平成24年度玉竜旗高校剣道大会
その8 第9回全国高校招待剣道大会武蔵旗
その9 第59回全国高等学校剣道大会
その10 第32回平成24年度国民体育大会九州ブロック大会
その11 第44回宮本武蔵顕彰高等学校剣道大会
その12 八代市民体育祭
その13 第34回大麻旗争奪剣道大会
その14 第11回宮崎県武道館旗争奪高等学校剣道競技大会
その15 第13回熊本県剣道連盟会長旗争奪剣道大会
その16 平成24年度熊本県下高等学校新人剣道大会兼九州選抜予選
その17 第48回熊日杯県下段別剣道選手権大会
その18 第13回青龍旗高校剣道錬成大会
その19 第16回将龍杯高校剣道大会
その20 福岡大学附属大濠高等学校剣道部創部50周年記念大会
その21 平成24年度第31回県下高等学校学年別剣道選手権大会
その22 平成24年度熊本県下高等学校剣道大会
     兼、全国高等学校選抜剣道大会県予選会
その23 平成24年度熊本県下高等学校剣道大会《演技の部》
その24 第29回九州高等学校選抜剣道大会
その25 第46回出水地区対八代市親善剣道大会
その26 第15回大霧島旗争奪高校剣道錬成大会

剣道部トップ画面に戻る     部活トップ画面に戻る     HPトップ画面に戻る






























事 項

第15回大霧島旗争奪高校剣道錬成大会

期 日

3月9日(土)、10(日)

場 所

鹿児島まきぞのアリーナ

結 果

団体:3位

状 況









 この大会は、九州・中国・近畿の各地からチームが集まり全国でも上位のレベルにある高校も参加し、2日間かけて行われる。そして、3〜4チームでリーグ戦を行い上位2チームが決勝トーナメントへ進出する。
 2年生はテスト期間中、1年生は修学旅行明けで万全の体制ではなかったがリーグ戦は大差で1位上がりすることができ、決勝トーナメントへ進出した。決勝トーナメントの初戦は大将戦となったが、大将の福川が落ち着いて相手を圧倒し、1−0で勝利。次の試合でも次鋒の西濱が攻め勝った試合をし、1−0勝利。準々決勝でも先鋒の塩野が取って1−0で勝利し、準決勝へ進出した。準決勝の相手は先月沖縄県で行われた九州大会決勝で当たった相手だった。結果は1−3で敗れ、勝ったのは大将の福川だけで、とても悔しい結果に終わってしまった。改めて日々の練習の大切さを実感した。今日の反省をしっかり生かして攻め勝つことを徹底し部員一丸となって頑張りたい。

備 考






1回戦      白百合4−0国分
2回戦      白百合4−0山門
3回戦      白百合1−0三重総合
4回戦      白百合1−0高千穂
5回戦      白百合1−0樟南
6回戦(準決勝)白百合1−3島原

記録者

塩野あゆみ(2年)


このページのトップへ
































事 項

第46回出水地区対八代市親善剣道大会

期 日

平成25年2月24日(日)

場 所

八代市鏡町体育館

結 果

団体:優勝

状 況








 この大会は毎年行われる八代市と出水地区との親善試合で、小・中・高校生・一般の代表者が参加する。女子の部は小学生2人、中学生3人、高校生4人、一般2人の11人制で、八代市の代表で白百合から4人が出場した。6将を久保舞佑子、5将を平井咲帆、4将を成松真衣、3将を西濱早織が努め、各ポジションで試合に出た。試合は一試合で、6将の久保が引き分けだったがよい流れをつくり、5将で平井が攻める試合をし、二本目で見事な返し銅を決めた。4将の成松は落ち着いた状態で得意とする出頭を決め、3将の西濱は強い押し込みで相手を圧倒した。結果は5対3で勝利。
 八代市の代表としてしっかり力を出し切った試合をしてチームでも勝つことができた。これを自信にして全国選抜でも頑張りたい。

備 考


女子の部
八代市5−3出水地区

記録者 成松真衣

このページのトップへ
































事 項

第29回九州高等学校選抜剣道大会

期 日

平成25年2月9日(土)、10(日)

場 所

沖縄県立武道館

結 果

団体:準優勝    優秀選手賞:福川菜月

状 況










 この九州選抜大会は、昨年11月に行われた新人戦の団体上位4校、個人上位8名が出場できる大会である。『九州を制する者は全国を制す』と言われるぐらい九州は剣道が盛んで熱戦が期待された。白百合からは、団体と個人で福川菜月が出場した。
 団体試合は、まず4校での予選リーグとなった。白百合は昭和学園(大分)に2対1、都城(宮崎)に2対0、樟南(鹿児島)に3対0で勝ち、3戦全勝、予選リーグ1位で決勝トーナメントへコマを進めた。
 決勝トーナメント1回戦は、開催県の那覇となり2−1で勝利。続く準決勝では、昨年優勝の中村学園女子を2−0で押さえ、決勝へと進んだ。決勝戦は静まりかえる会場で女子から行われた。結果は先鋒が2本取られ、続く次鋒・中堅・副将が引き分け。大将の福川が1本を返すが、試合終了のホイッスルが会場に響いた。
 あと一歩のところで、優勝を逃したのは悔しいが、全国への布石を打つことができた。来月に行われる全国大会ではチーム一丸となり頑張りたい。

備 考






1回戦 白百合2−1昭和学園(大分)
2回戦 白百合2−0都城(宮崎県)
3回戦 白百合3−0樟南(鹿児島)
4回戦 白百合2−1那覇(沖縄)
5回戦 白百合2−0中村学園女子(福岡)
決勝  白百合1−1《本数》島原(長崎)

記録者 福屋瑠加 2年

このページのトップへ


































事 項

平成24年度熊本県下高等学校剣道大会《演技の部》

期 日

平成25年1月20日

場 所

山鹿市総合体育館

結 果

個人:準優勝…福島・久保  ベスト8…橋本・平井

状 況







 この大会は全国でも珍しい剣道の基本とされる形で勝敗を決める大会である。熊本県の各校代表が出場し、白百合は2チーム出場した。そして緊迫した雰囲気の中、試合が行われた。
 白百合はAチームに福島・久保、Bチームに橋本・平井が出場した。結果は、Aチーム準優勝、Bチームベスト8となった。Aチームは決勝で敗れてしまったが、決勝戦ではほぼ互角と言っていいほどの勝負となった。両チームとも気迫ある堂々とした形で、優勝まであと一歩のところだったが、良い成績を収めることができた。
 今回の形の大会で結果を残せたことに自信を持ち、さらに強くなっていけるよう、部員一丸となって頑張っていきたい。

 
備 考






1回戦  白百合A5−0南稜B
2回戦  白百合A5−0天草B
3回戦  白百合A3−2開新A
4回戦  白百合A5−0鹿本A
5回戦  白百合A3−2菊池女子A
6回戦  白百合A0−5大津A

記録者

塩野あゆみ


このページのトップへ
































事 項


平成24年度熊本県下高等学校剣道大会
     兼、全国高等学校選抜剣道大会県予選会

期 日

平成25年1月19日

場 所

山鹿市総合体育館

結 果

団体:優勝

状 況

備 考




1回戦      白百合4−0東海大星翔
2回戦      白百合5−0球磨商業
3回戦      白百合3−1尚絅
4回戦(決勝)  白百合3−0菊池女子

記録者

福屋瑠加


このページのトップへ
































事 項

平成24年度第31回県下高等学校学年別剣道選手権大会

期 日

平成25年1月6日

場 所

菊池市総合体育館

結 果


2年の部:優勝…福川菜月  3位…塩野あゆみ  ベスト8…福屋瑠加
1年の部:優勝…黒木彩代

状 況






 この大会は熊本県内の選手が集まり、1年生の部と2年生の部に分かれて行われた。結果は1年生の部で、黒木彩代が優勝。2年生の部で福川菜月が優勝。塩野あゆみが3位。福屋瑠加がベスト8と入賞し、1・2年の部両方で優勝を勝ち取ることができた。入賞した者だけでなく12人全員が気力溢れる攻め勝った試合ができた。2年の部では準決勝で白百合学園どうしの試合となった。今回の試合で全国選抜予選への布石を少し打つことができた。一人ひとりが反省を生かし、修正を加えて、この勢いで全国選抜予選を迎えられるように1回1回の練習を大切に頑張っていきたい。

記録者

塩野あゆみ


このページのトップへ
































事 項

福岡大学附属大濠高等学校剣道部創部50周年記念大会

期 日

平成25年1月5日

場 所

福岡大学附属大濠高等学校アリーナ

結 果

団体:優勝

状 況







 この大会は、福岡大学附属大濠高等学校の剣道部が創立50周年を記念して開催した大会である。九州をはじめ、全国からハイレベルのチームが集まった。
 まず、3校のリーグ戦が行われた。白百合は明徳義塾に3−0、那覇に3−0で2勝し、決勝トーナメントに上がった。決勝トーナメント1回戦と準決勝では代表戦に持ち込まれたが、大将の福川が勝利し、決勝へと進んだ。決勝では福屋が1本を取り、その1本が優勝へとつながった。
 この大会は白百合にとって年明け初めての大会であった。そこで優勝できたことはよいスタートである。これから行われる大会に向け、さらに勢いを増し、部員一丸となって頑張っていきたい。

備 考






1回戦  白百合3−0明徳義塾
2回戦  白百合3−0那覇
3回戦  白百合1−1大分
4回戦  白百合2−0杵築
5回戦  白百合0−0島原
6回戦  白百合1−0中村学園

記録者

福屋瑠加


このページのトップへ
































事 項

第16回将龍杯高校剣道大会

期 日

平成24年12月26日

場 所

別府市総合体育館

結 果

団体:優勝

状 況








 この大会は、九州を中心としたチームが参加し、全国からも集まる大会である。そしてこの大会は白百合学園が参加する今年最後の大会となった。
 結果は優勝。この前の青龍旗にひき続き2大会連続で優勝することができた。今回の試合は、準決勝、決勝と代表戦になり、苦しい試合もあったが、キャプテンの福川が2度の代表戦に持ち味の気力ある攻め勝った試合をし、勝利した。そして12人全員で優勝することができた。
 今年は良い結果を残し最後の大会を終え、来年につなげることができた。今回の反省をしっかり生かし、来年は、より強いチームをなって、今年成し遂げることができなかった全国制覇ができるように部員一丸となって、日々の練習を頑張っていきたい。

備 考






1回戦      白百合4−0九産大九州
2回戦      白百合1−0純真
3回戦      白百合2−0福工大城東
4回戦      白百合3−0長崎日大
5回戦      白百合1−1阿蘇中央
6回戦(決勝)  白百合1−1樟南

記録者

塩野あゆみ


このページのトップへ

































事 項

第13回青龍旗高校剣道錬成大会

期 日

平成24年12月16日

場 所

益城町総合体育館

結 果


団体:優勝
個人:最優秀選手 福川菜月

状 況








 今回の大会は、1本勝負の切り抜き戦という独特のルールで行われる大会である。白百合は昨年、優勝をしているので今年も連覇を目指して頑張った。
 白百合は2回戦からの出場となった。2回戦は先鋒の橋本が4人を抜き、最後は大将の福川が勝ち取った。3回戦からはメンバーを変更し、先鋒の成松が4人を抜き、福川が抑えた。準決勝では、中堅の塩野が大将を抑え決勝へと進んだ。決勝では互角の勝負を繰り広げ、大将どうしの勝負となった。結果は延長戦で福川が1本を取り、優勝となった。
 新チームになり初めて団体で優勝を収めることができた。これをきっかけに、さらにチーム一丸となり全国選抜予選に向け取り組んでいきたい。

備 考




1回戦      白百合(1人残し)−熊本商業
2回戦      白百合(1人残し)−菊池女子
3回戦      白百合(3人残し)−開新
4回戦(決勝)  白百合(1人残し)−中村学園

記録者

福屋瑠加


このページのトップへ

































事 項

第48回熊日杯県下段別剣道選手権大会

期 日

平成24年11月23日(金)

場 所

菊池市総合体育館

結 果


三段の部:福川菜月…優勝  福屋瑠加…準優勝  塩野あゆみ…3位
二段の部:黒木彩代…準優勝

状 況






 この大会は、中学生から一般までの幅広い年齢の選手が県内から集まり、段別に行われる個人戦である。女子は初段から四段以上の部が行われた。今回の大会は全日本剣道連盟の規則が適応され、普段の大会とは少し異なる規則での試合となった。結果は三段の部で福川が優勝、福屋が準優勝、塩野が3位となり、二段の部では黒木が惜しくも決勝で敗れ準優勝となった。三段の部では上位3名に八代白百合学園が入賞することができた。今回の大会では、個人戦に出場した全員が気力のある試合をして、しっかりと実力を出し切ることができた。反省すべき点を改善し、よりチーム力を高めて結果を残せるよう頑張りたい。

備 考

記録者

塩野あゆみ


このページのトップへ

































事 項

平成24年度熊本県下高等学校新人剣道大会兼九州選抜予選

期 日

平成24年11月10日(土)、11(日)

場 所

菊池市総合体育館

結 果


団体:準優勝
個人:福川菜月ベスト8

状 況








 この大会は熊本県内の高校が新チームで出場する大会である。団体はベスト4、個人はベスト8に入ると2月に行われる九州選抜に出場できる。
 10月に行われた個人戦では4人が出場。福川菜月がベスト8に入り、九州選抜を決めた。
 11月に行われた団体戦では、2回戦からの試合となった。1試合目は熊本高校を3−0で破り、2試合目からはメンバーを変更した。準々決勝を2−1.準決勝を2−0で納め、決勝へと進出した。決勝では5人全員の試合が終わった時点で2−2の引き分け。代表戦となり、福川菜月が選出された。結果は延長戦で敗れ、準優勝となったが、九州選抜の切符をなんとか手に入れた。
 今回の大会では多くの課題が残された。これからある全国大会を決める試合までに修正していきたい。

備 考




2回戦  白百合3−0 熊本高校
3回戦  白百合2−1 尚絅高校
準決勝  白百合2−0 鎮西高校
決勝   白百合2−2 代表阿蘇中央

記録者

福屋瑠加


このページのトップへ




































事 項

第13回熊本県剣道連盟会長旗争奪剣道大会

期 日

平成24年10月14日(日)

場 所

阿蘇市 阿蘇体育館

結 果



団体:Aチーム 予選敗退
    Bチーム 決勝トーナメント1回戦敗退
    Cチーム 予選敗退

状 況

 この大会は、熊本県の各郡市の小、中、高校生、一般の男女の代表者が参加する9人制の大会である。
 八代市の代表で、白百合から八代市出身の3名が出場することになり、Aチームに成松真衣、Bチームに西M早織、Cチームに久保舞佑子が入り、それぞれ中堅のポジションで試合に出た。
 Aチームは、成松が1試合目、石田(菊池女子3年)に接戦のなか引き分けに終わり、2試合目、小川(玉名)には、格の差を見せつける力強い試合をし、甲手を1本に決めた。Bチームは、西Mが上段の得意とする片手面、面甲手を1本に決め予選リーグを勝利に納めた。Cチームは久保が落ち着いて前に「攻めて攻めて」の試合をしたが、惜しくも敗れてしまった。Bチームが決勝トーナメントに進出したが、1回戦で敗れた。
 八代市の代表として、3人とも勢いのある試合をし、攻めの剣道をすることができた。

備 考 八代市A 3−4 菊池郡市C
八代市A 4−5 玉名市
八代市C 1−7 菊池郡市B
八代市C 2−6 山鹿A
八代市B 6−2 天草B
八代市B 5−4 山鹿B
八代市B 1−9 菊池郡市

記録者 西M早織


このページのトップへ




























事 項

第11回宮崎県武道館旗争奪高等学校剣道競技会

期 日

平成24年10月7日

場 所

宮崎県武道館

結 果

団体:ベスト8(敢闘賞)

状 況






 この大会は、各県のベスト4のチームが参加する大会で、団体戦が行われた。
 試合は、4校リーグで上位2校が勝ち上がり、トーナメントへ進む。リーグの結果は福岡第一に2−1、大分に1−0,錦江湾に1−1、の2勝1分けで、1位通過となった。トーナメントの組み合わせは各校代表者による抽選で行われた。最初の相手は南筑で勝ち上がり、次の試合は島原。先鋒が2本先取され、取り返せず、中堅も1本取られ、2−0で負けとなった。課題が多く残る試合となった。
 この大会は悔いの残る試合となった。

備 考





1回戦  白百合2−1福岡第一
2回戦  白百合1−0大分
3回戦  白百合1−1錦江湾
4回戦  白百合2−0南筑
5回戦  白百合0−2島原

記録者

塩野あゆみ


このページのトップへ




























事 項

第34回大麻旗争奪剣道大会

期 日

平成24年8月23日・24日

場 所

佐賀県総合体育館

結 果

団体:準優勝    優秀選手:中原光紗

状 況







 この大会は故大麻勇次先生の意志を継承し、昭和54年から始まった大会である。出場チームは九州各県、九州以外からも多く出場している。
 試合では、1・2年だけの初めての試合ということで気合いが入った。2回戦から4回戦までは落ち着いた試合をし、準々決勝に進んだ。準々決勝(対西日本大附属)では、先鋒の塩野あゆみ、準決勝(対菊池女子)では、中堅の中原が1本を先取。これが勝ちにつながった。決勝(対中村学園)では、接戦となり、代表戦となった。白百合は福川、中村学園は大西が選出され、大将どうしの勝負。結果は中村学園に惜敗し準優勝となった。
 この結果を受け止め、、チーム一丸となって次の大会に向けて頑張りたい。

備 考






2回戦  白百合5−0向陽
3回戦  白百合3−0筑紫丘
4回戦  白百合3−0鹿屋女子
5回戦  白百合1−0西大附属
6回戦  白百合1−0菊池女子
7回戦  白百合1−1中村学園

記録者

福屋瑠加


このページのトップへ




























事 項

八代市民体育祭

期 日

平成24年8月19日

場 所

八代鏡体育館

結 果

個人:優勝…塩野あゆみ  準優勝…福屋瑠加  3位…成松真衣、中原光紗

状 況







 この大会は、八代市の小学生から一般までが出場する大会。小・中学の地区対抗、高校・一般の地区対抗の他、小学生から高校生までの各部での個人戦も行われた。猛暑の中、熱気溢れる体育館での大会となった。高校女子の部が始まったのは午後過ぎとなった。
 1回戦を勝ち進むと、白百合どうしの対戦となった。決勝に進んだのは塩野と福屋。熱い中最後まで気力を出し切り、結果は1位塩野、2位福屋、3位成松・中原となった。
 3年生が抜け、新チーム全員が出場した大会となった。反省点が多く残った。今回の反省を生かし、新チームとしてより力をつけたい。

記録者

塩野あゆみ


このページのトップへ




























事 項

第44回宮本武蔵顕彰高等学校剣道大会

期 日

平成24年8月18日

場 所

宮本武蔵顕彰武蔵武道館

結 果


団体:白百合A…ベスト8  白百合B…ベスト16
個人:優勝…福屋瑠加   3回戦敗退…塩野あゆみ

状 況








 この大会は、岡山県を中心に全国から高校剣士が集まった大会である。試合は団体戦、個人戦ともにトーナメント戦である。
 白百合は団体で2チーム出場した。Aチームは1回戦の甲子園学院B、2回戦の須磨学園Bに勝利したが、続く準々決勝でPL学園に惜敗した。Bチームは1回戦の就実、2回戦の銀河学院に勝利したが、続く3回戦で敗れた。個人戦では福屋と塩野が出場。福屋は1回戦から着々と勝ち進み、決勝に駒を進めた。決勝では延長の末、勝利。塩野は2回戦では奮闘するも惜しくも敗戦。
 3年生が抜けてから初めての試合は少し残念な結果に終わった。今回の反省を少しでも次の大会までに改善していきたい。

備 考



2回戦  白百合A3−0甲子園学院B
3回戦  白百合A1−0須磨学園B
4回戦  白百合A0−1PL学園A

   
記録者
福屋瑠加

このページのトップへ




























事 項

第32回平成24年度国民体育大会九州ブロック

期 日

平成24年8月18日

場 所

県立武道館アリーナ棟(沖縄)

結 果

団体:4位  県選抜…田山佳奈恵、塩野仁美、福川菜月

状 況








 この大会は、各県で代表7名が選出され、県代表として戦った。試合は九州の8県の総当たり戦で、上位3県が九州代表として岐阜で行われる本国体へと駒を進めることができた。
 熊本は1回戦の長崎戦、2回戦の大分戦共に代表戦にもつれ込んだ。長崎戦には古田、大分戦には福川が出場したが惜しくも敗れた。続く3回戦で福岡に敗れ序盤から苦しい戦いとなった。その後宮崎、佐賀に本数差で勝利し、沖縄戦では選手変更した塩野の活躍もあり、勝利を収めた。鹿児島戦では代表戦にもつれ込み、福川が出場。長い延長の末勝利を収めた。全試合が終了した時点で熊本は4勝3敗。4位に終わった。
 3年生も含めて最後の試合を皆で力を合わせて戦えたことを誇りに思う。今回の悔しさを来年へとつなげたい。

備 考







1回戦  熊本0−0長崎○
2回戦  熊本2−2大分○
3回戦  熊本1−2福岡○
4回戦 ○熊本1−1鹿児島
5回戦 ○熊本2−2宮崎
6回戦 ○熊本1−1沖縄
7回戦 ○熊本1−1佐賀

記録者
福川菜月

このページのトップへ




























事 項

第59回全国高等学校剣道大会

期 日

平成24年8月8日・9日

場 所

新潟市東総合スポーツセンター

結 果

個人:福川菜月…準優勝

状 況









 この大会は、各県の予選を勝ち抜いた団体1チーム、個人2名が出場する全国大会で、熊本県で1位となった2年の福川が個人戦で戦った。3日間に渡る大会で、緊迫した雰囲気の中、厳しい戦いが展開された。
 初戦の相手は本庄第一の福島。初戦を勝利し、よい形でスタートを切ることができた。着々と勝ち進み、5回戦山場である中村学園の大西。福川の攻撃力で圧倒し、勝利。準決勝へと進んだ。相手は地元である新潟商業の武田。苦しい戦いの中、最後まで気力で圧倒し勝利。決勝へと進んだ。相手は大分の森田。結果は決勝で敗れ2位に終わった。しかし、初戦から決勝まで攻め勝って堂々の2位となった。
 今回の大会では、団体戦で出場することはできなかったが、福川が個人戦で、2年にして全国2位という成績を収め、来年の全国総体への布石を打つことができた。来年は必ず団体戦、個人戦共に出場し、結果を収めたいと思う。

備 考







1回戦 ○福川−福島  (本庄第一)
2回戦 ○福川−山本  (富山北部)
3回戦 ○福川−山本  (盤田西)
4回戦 ○福川−吉留  (日章学園)
5回戦 ○福川−大西  (中村学園)
6回戦 ○福川−武田  (新潟商業)
7回戦   福川−森田○(大分)

記録者

塩野あゆみ


このページのトップへ






























事 項

第9回全国高校招待剣道大会武蔵旗

期 日

平成24年7月30日・31日

場 所

熊本市総合体育館

結 果



団体:白百合A…優勝  白百合B…ベスト8  白百合C…ベスト16
個人:高校1年女子 準優勝 黒木彩代  3位 中原光紗・向坂日菜野
   高校2・3年女子 準優勝 田山佳奈恵  3位 福川菜月

状 況











 この大会は全国各地から多くの選手が参加し、また、韓国の高校も参加する大きな大会である。
 Aチームは2回戦目からの入りで、米子松陰Aに対して3−1、3回戦(対阿蘇中央B)では3−2、準々決勝(対浜松海の星)には安定した試合をみせ2−0で勝利した。準決勝では2回戦目に対戦した米子松陰のBチームと試合をし、見事3−0と勝利を収め決勝に進出した。決勝(対土浦日大B)では、先鋒塩野ひとみが引き分け、次鋒伊佐が渡辺に1本先取し、相手に取り返されるも終盤にメンを決め勝利。中盤丸山も相手と激しい攻防をみせ、引き分け、副将赤池は上段相手に思い切ったメンを放ち2本勝ち。そして大将田山は攻めてくる相手に対し余裕の剣道をみせ、2本勝ちし、優勝を収めた。Bチームは1回戦(対福島)は3−0、そして山場である2回戦(対中村学園)では次鋒中原のメンで1−0と勝利。3回戦(対鳳凰)では2−0、準々決勝(対土浦日大B)では、中堅が取られ、副将で返すも大将戦で1本取れば勝利の展開で惜しくも引き分けベスト8となった。Cチームは2回戦(対福島)に4−0と余裕をみせ勝利。しかし、3回戦(対米子松陰B)に対して、先鋒がとられ、次鋒で返すも大将で打たれ、ベスト16となった。

備 考





2回戦    白百合3−1米子松陰A
3回戦    白百合3−2阿蘇中央B
4回戦    白百合2−0浜松海の星
5回戦    白百合3−0米子松陰B
6回戦(決勝)白百合3−0土浦日大B

記録者

丸山春佳


このページのトップへ




























事 項

平成24年度玉竜旗高校剣道大会

期 日

平成24年7月25日・26日

結 果


優秀校(ベスト8)
優秀選手 田山佳奈恵

状 況











 今回の大会は全国の精鋭が集まる非常にレベルの高い大会であり、団体数も386チームと、とても大きな大会である。白百合は2回戦からの入りで、2回戦(対小倉南)に対し、中堅福屋が3人抜きをし、2人残しで勝利。3回戦(対福工大城東)には、1−1の大将戦で福川が思いきったメンを見せ勝利。4回戦(対白河)に対して先鋒、次鋒の塩野姉妹の活躍で後に3人を残し、余裕の勝利をみせた。5回戦(対桐蔭学園)には副将田山が2本勝ちをし、大将までまわさず勝利を決めた。準々決勝(対福岡第一)に対しても先鋒、副将が決め1人残しで勝利し準決勝に駒を進めた。そして準決勝は、宿敵中村学園との対戦となり、チーム全員一丸となって試合に臨んだ。先鋒塩野あゆみがチームに流れを出そうと懸命に攻め、得意のコテで1本先取するも、相手にメンで取り返され引き分け。次鋒塩野ひとみも引き分けとなり、中堅で上段に対し、攻めていくも片手メンを決められ副将へ。副将田山は上段相手にしっかりとした落ち着いた試合をみせ2本勝ち。そして最後は相手の副将と大将福川との対戦となり、激しい攻防戦をみせるも相手に1本コテを決められベスト8となった。今回の大会で3年生は最後で、次からは新チームとして動き出す。この悔しさをバネに頑張っていきたい。

 
備 考






2回戦  ○白百合(2人残し)−小倉南
3回戦  ○白百合(大将戦)−福工大城東
4回戦  ○白百合(3人残し)−白河
5回戦  ○白百合(1人残し)−桐蔭学園
6回戦  ○白百合(2人残し)−福岡第一
7回戦   ×白百合(1人残し)−中村学園

記録者

丸山春佳


このページのトップへ
































事 項

第4回全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会

期 日

平成24年7月16日

場 所

日本武道館

結 果

ベスト8

状 況









 今回の大会は先鋒の高校生から大将の45歳以上の者まで予選を勝ち抜いた者が各県の代表となってチームを組んで戦う大会であった。熊本県は、先鋒、福川菜月、次鋒、渡辺タイ、中堅、内田舞、副将、大島智子、大将、三嶋久美が代表として出場した。監督の亀井徹先生をはじめ、熊本の諸先生方から見守られ試合に臨んだ。
 1回戦(対北海道)では、中堅、副将がポイントを上げ勝利。2回戦(対滋賀)では、先鋒、次鋒、共に1−1の引き分け、中堅のポイントで勝利を収めた。3回戦(対岐阜)では、先鋒が1本取られ、次鋒から大将まで引き分けて、ベスト8という結果を収めた。
 今回の大会は昨年のベスト8という結果を1つでも上回ろうと頑張ったが、ベスト8止まりであった。これからの大きな大会に向け、今回の経験を生かし、白百合の大きな戦力となれるよう頑張っていきたい。

備 考



1回戦  白百合2−0北海道
2回戦  白百合1−0滋賀
3回戦  白百合0−1岐阜

記録者

福川菜月


このページのトップへ

































事 項

第59回全九州高等学校剣道競技会

期 日

平成24年7月13日〜15日

場 所

佐賀県総合体育館

結 果


団体:ベスト8
個人:ベスト16…福川菜月    出場…田山佳奈恵

状 況











 今回の大会は九州各県の団体上位2チームと個人ベスト8に入った選手が参加した。大会前日は冠水、当日は食中毒などで少々慌ただしいすべり出しであったが、無事開催された。
 団体戦は4校リーグの上位2チームが決勝トーナメントに出場と言うことで選手、監督、応援してくれる方々と一体となって試合に臨んだ。
 1回戦(対高千穂)では、相手2名が欠場し、チームでは3−0と勝利を収めた。2回戦、3回戦共に1点リードの展開であったが、前半で同点に戻され、引き分けとなった。結果はリーグ2位で決勝トーナメントへ上がり、三養基と対戦し悔しい展開ではあったが、1−2でベスト8という結果で終わった。個人戦では福川菜月、田山佳奈恵が出場し、それぞれが自分たちの力を出して戦った。試合は福川菜月が長時間に渡る熱戦を勝ち抜きベスト16であった。
 今回の大会はベスト8で白百合にとってとても悔しい結果で終わってしまった。3年生にとっても1・2年生にとってもこの悔しさを忘れずに夏の玉竜旗に向けて頑張りたい。

備 考




予選リーグ  白百合3−0高千穂
予選リーグ  白百合1−1大分
予選リーグ  白百合1−1福翔
決勝トーナメント 白百合1−2三養基

記録者 丸山春佳

このページのトップへ


































旗手を務めた伊佐さん
チューリップハットがキュートです
事 項

平成24年度熊本県高等学校総合体育大会剣道競技大会

期 日

平成24年6月1日(金)〜6月3日(日)

場 所

菊池市総合体育館

結 果


団体:準優勝
個人:優勝 福川菜月   第3位 田山佳奈恵

状 況

 この大会は8月に新潟で行われるインターハイの県予選である。団体は優勝校1校、個人は上位2名までが全国大会へ出場する事ができる。3月の全国選抜で悔しい思いをした私達にとっては、絶対に負けられない戦いとなった。
 団体戦では、2回戦、専大玉名に4−0で余裕を見せ勝利。続く3回戦では、鎮西に対し、勢いのある試合をみせ5−0で勝利。4回戦では山場である菊池女子に対し、先鋒「塩野あ」、中堅「福屋」、大将「田山」が抑え決勝リーグへ進出した。リーグでは熊本商業に3−1で勝利。続く阿蘇中央との対戦では、先鋒、次鋒が取られるも、中堅「丸山」、副将「福川」が同点に戻し、大将「田山」につなげた。しかし惜しくも引き分けで、必由館に勝利するも勝者数で阿蘇中央に及ばず準優勝となった。個人では福川、田山が出場し、両者とも自分たちの力を十分に発揮し、2年の福川が優勝、3年の田山が3位と大健闘した。団体は悔しい結果となったが、これをバネに九州大会を頑張りたい。

備 考

白百合4−0専大玉名
白百合5−0鎮西
白百合3−1菊池女子
白百合3−1熊本商業
白百合2−2阿蘇中央
白百合3−2必由館

記録者

丸山春佳


このページのトップへ






























事 項

第10回全国優秀校女子剣道錬成京都大会

期 日

平成24年5月4日(金)

場 所

京都府久御山町総合体育館

結 果

団体:T部 第3位

状 況

 この大会は、各県の優秀校が集まる全国選抜大会並の大会である。T部、U部に分かれ、2チームの出場となった。団体戦では、予選リーグからレベルの高い戦いになるということで、気を引き締めて試合に臨んだ。予選リーグ1回戦(対大社)では、先鋒の塩野あゆみがチームに勢いをつける落ち着いた試合で1本を先取。その後も予選リーグを1位で通過し、準々決勝(対守谷)では、接戦の末1本を守り抜き勝利。
 山場と思われた準決勝(対麗澤瑞浪)では、先鋒、次鋒で取られ、中堅で返し、その後も取り返しにかかったが逃げ切られ、U部(B)は予選リーグ(対中村学園B)に敗れ、予選敗退という結果に終わった。

備 考

予選リーグ
        白百合1−0大社
        白百合2−2桐蔭
        白百合3−1甲西
        
決勝トーナメント
        白百合2−1守谷
        白百合1−2麗澤瑞浪
記録者

田山佳奈恵


このページのトップへ

























事 項

第19回黒木旗高等学校剣道大会

期 日

平成24年4月29日(日)

場 所

サンアリーナせんだい

結 果

団体: 第3位 八代白百合A

状 況

 今回の大会は鹿児島の川内で行われ、九州のみならず、遠くは岐阜から参加を得る大会である。白百合は6年ぶり6回目の優勝を狙い、A・Bの2チームで臨んだ。
 A・Bともにチームワークをみせ、一つ一つ着実に勝利を重ね、準々決勝に進んだ。Aチームは準々決勝(対宮崎日大)に先鋒(塩野あ)、次鋒(中原)がコテで勝利し、2−0で準決勝へ進出。Bチームは錦江湾Aに次鋒が取られるも、副将(福屋)が試合終了間際に大胆なツキをみせ大将につないだ。しかし惜しくも2−1という結果に終わりベスト8となった。
 その後、Aチームの準決勝(対中京A)では、先鋒がメンと大胆なドウを決めるも一進一退の攻防が続き、2−2の大将戦にもつれ込んだ。結果、長時間の代表戦の末惜しくも第3位と決勝を逃した。
 今回の大会で得た課題を1人1人が徹底し、努力していきたい。

備 考

白百合1−1樟南B
白百合0−0鳳凰A
白百合5−0尚絅B
白百合2−0宮崎日大
白百合2−2中京A

記録者

丸山春佳


このページのトップへ

























事 項

城南・八代・益城地区総合体育大会 剣道競技

期 日

平成24年4月27日(金)

場 所

宇土高校

結 果

団体:優勝(21年連続)
個人:優勝 伊佐 愛

状 況

 この大会は、八代・城南・益城地区の高校が参加する大会で、団体5校、個人は11名で試合が行われた。
 団体戦では、2試合とも1本も打たせないような試合展開をみせ、それぞれの力を発揮できた。決勝戦(対宇土)でも全員が余裕をみせ、5−0と大差で勝利した。
 個人戦は白百合から2名が出場し、伊佐 愛が優勝を果たした。

備 考

準々決勝
    白百合2−0八代
    白百合5−0宇土

記録者

丸山春佳


このページのトップへ