平成24年度データ



その1 第22回全国高等学校剣道選抜大会
その2 第29回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会
岩手県陸前高田市にて
その3 城南地区剣道大会
その4 第20回黒木旗高等学校剣道大会
その5 第11回全国優秀校女子剣道錬成京都大会
その6 平成25年度熊本県高校総体剣道競技大会
その7 第60回全九州高等学校剣道競技大会
その8 第5回全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会
その9 第86回平成25年度玉竜旗高校剣道大会
その10 第10回全国高校招待剣道大会『武蔵旗』
その11 平成25年度全国高等学校総合体育大会
      第60回全国高等学校剣道大会
その12 第45回宮本武蔵顕彰高等学校剣道大会
その13 平成25年度国民体育大会第33回九州ブロック大会
その14 八代市民体育祭
その15 第35回大麻旗争奪剣道大会
その16 東日本大震災復興支援第68回国民体育大会剣道競技会
その17 第12回宮崎県武道館旗争奪高等学校剣道競技大会
その18 平成25年度熊本県下高等学校新人剣道大会
      兼九州選抜予選
その19 一番ヶ瀬争奪神崎少年剣道大会
その20 第14回青龍旗高校剣道大会
その21 第32回県下高等学校学年別剣道選手権大会
その22 平成25年度熊本県下高等学校剣道大会
     兼第23回全国高等学校剣道選抜大会県予選会
その23 平成25年度熊本県下高等学校剣道大会
     兼第23回全国高等学校剣道選抜大会県予選会【演技の部
その24 第30回九州高等学校選抜剣道大会
その25 第16回大霧島旗争奪高校剣道錬成大会
その26 第30回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会



剣道部トップ画面に戻る     部活トップ画面に戻る     HPトップ画面に戻る





2学期終業式での表彰
表彰中も隙(スキ)のない部員たち… キリリ!!

























事 項

期 日

場 所

結 果

状 況

備 考

1回戦 白百合
2回戦 白百合
3回戦 白百合
4回戦 白百合
5回戦 白百合
6回戦 白百合
7回戦 白百合

記録者





このページのトップへ





























































事 項

期 日

場 所

結 果

状 況

備 考

1回戦 白百合
2回戦 白百合
3回戦 白百合
4回戦 白百合
5回戦 白百合
6回戦 白百合
7回戦 白百合

記録者





このページのトップへ





























































事 項

第30回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会
期 日

平成26年3月29日(土)〜31日(月)

場 所

秋田県立武道館

結 果

団体:ベスト8  優秀選手賞…中原光紗   敢闘賞…馬場千晶
状 況

 この大会は秋田県で開催される高校全国大会4タイトルの1つである。昨年は優勝を成し遂げ、今年は2連覇を目指し秋田へ向かった。先の全国選抜大会の出場を逃し、9人全員がこの大会に懸けてきた。
 シード校で2回戦からの出場で、順調に勝ち進み最終日に残った。5回戦、地元の秋田南高校に副将の中原が1本勝ち、大将も守り抜き1−0で勝利。6回戦、全国選抜大会にも出場している桐蔭学園に1−2で敗退し、ベスト8となった。先鋒は引き分け、次鋒は先に一本取るが取り返され引き分け。中堅は一本取られ、取り返しに行くが、一本負け。副将は前に攻めていく剣道で相手を圧倒し一本勝ち。大将戦にかかり一本狙うが先に一本取られ取り返しに行くが時間が来て敗退。
 一人ひとり課題の残る大会となった。今回が9人で戦う最後の試合だった。4月からは新入生も加わり、新しい環境でまた夏に向けて全員で頑張っていきたい。

備 考

        1回戦 白百合   なし
        2回戦 白百合4−0南会津
        3回戦 白百合2−0学館浦安
        4回戦 白百合2−1市立川口
        5回戦 白百合1−0秋田南
(準々決勝)6回戦 白百合1−2桐蔭学園


記録者 平井咲帆(3年)





このページのトップへ































































事 項

第16回大霧島旗争奪高校剣道錬成大会

期 日

平成26年3月8日(土)、9日(日)

場 所

まきぞのアリーナ

結 果

団体:決勝トーナメント1回戦敗退。

状 況

この大会は九州を中心に各地からチームが集まり、全国でも上位レベルの高校も参加し、2日間かけて行われる。そして3〜4チームでリーグ戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントへ進出する。白百合は予選リーグを1位で上がったが、決勝トーナメント1回戦の福岡舞鶴で先鋒が1本取ったが、次鋒で2本取られ、続く中堅も1本取られ、副将が取りに行くも引き分け。大将が果敢に攻め1本取ったが2−2の本数で惜しくも敗れた。
 この結果をしっかりと受け止め、チーム一丸となって次の大会までに反省点を改善したい。

備 考

1回戦 白百合3−0新宮高校
2回戦 白百合2−0鹿児島女子高校
3回戦 白百合2−0宮崎北高校
4回戦 白百合2−2福岡舞鶴


記録者





このページのトップへ



































































事 項

第30回九州高等学校選抜剣道大会

期 日

平成26年2月8日・9日
場 所

長崎県五島市中央公園市民体育館

結 果

団体:準優勝  優秀選手賞:黒木彩代

状 況

 この九州選抜大会は、昨年11月に行われた新人戦の団体上位4校、個人上位8名が出場できる大会である。
 『九州を制する者は全国を制す』と言われるほど、九州はレベルが高く、熱戦が期待された。
 団体試合はまず4校での予選リーグとなった。白百合は興南(沖縄)に3−1、伊万里(佐賀)に4−0、高千穂(宮崎)に3−0で勝ち、3戦全勝、決勝トーナメントへ駒を進めた。
 決勝トーナメント1回戦は開催県の西陵となり、4−0で勝利。続く準決勝では、中村学園女子を2−0で押さえ、決勝へと進んだ。結果は、先鋒が1本取り、次鋒が引き分けに持ち込んだが中堅が2本取られ、副将・大将が取り返しに行くも、引き分けにもっていかれてしまった。
 あと一歩のところで優勝を逃したのは悔しいが、得るものの多い大会となった。次の大会に向け、今回の反省を生かしていきたい。

備 考

      1回戦 白百合3−1興南(沖縄)
      2回戦 白百合4−0伊万里(佐賀)
      3回戦 白百合3−0高千穂(宮崎)
      4回戦 白百合4−0西陵(長崎)
(準決勝)5回戦 白百合2−0中村学園(福岡)
  (決勝)6回戦 白百合1−1島原(長崎)

記録者 向坂日菜野 (2年)





このページのトップへ









































































事 項

平成25年度熊本県下高等学校剣道大会
 兼第23回全国高等学校剣道選抜大会県予選会【演技の部】

期 日

平成26年1月19日

場 所

山鹿市総合体育館

結 果

団体:白百合Aチーム…3位

状 況

 この大会は全国でも珍しい剣道の基本とされる日本剣道形で勝負を決める大会である。熊本県各校の代表が出場し、白百合から2チーム出場した。そして緊迫した雰囲気の中で試合が行われた。白百合はAチームに久保・向坂、Bチームに平井・竹田が出場し、結果はAチームが3位に入賞することができた。Aチームは準決勝で、Bチームは2回戦で敗れたが、両チームともほぼ互角と言っていいほどの勝負となった。A、Bとも堂々とした演武で練習の成果を出し切ることができた。この経験を生かして自分に自信を持ち、部員一同さらに頑張っていきたい。

備 考

     2回戦 白百合A5−0済々黌A
     3回戦 白百合A4−1専大玉名B
     4回戦 白百合A4−1鎮西A
(準決勝)5回戦 白百合A2−3菊池女子A

     1回戦 白百合B4−1八代A
     2回戦 白百合B2−3菊池女子B

記録者 久保舞佑子





このページのトップへ






































































事 項

平成25年度熊本県下高等学校剣道大会
 兼第23回全国高等学校剣道選抜大会県予選会

期 日

平成26年1月18日(土)

場 所

山鹿市総合体育館

結 果

団体:準優勝

状 況

 この大会は熊本県内の高校が出場し、優勝した1校だけが3月に行われる全国選抜へ出場することができる。
 1回戦で八代高校を4−0の大差で破り、続く2回戦の熊本農業高校も3−1で勝利した。3回戦の熊本商業は3−1で押さえ、準決勝は菊池女子との対戦。先鋒が2本勝ちをし、次鋒が2本取り返されるも、最後は大将が2本取り、決勝へと進んだ。決勝戦では次鋒が1本勝ちをし、続く中堅が2本取られ、副将が果敢に攻めるも引き分けとなり、大将が取り返しに行くが、2本取られて敗戦となった。白百合の4年連続全国選抜出場の夢は叶わなかった。今回の大会は多くの課題が残された。次の大会までに改善していきたい。

備 考

     1回戦 白百合4−0八代高校
     2回戦 白百合3−1熊本農業高校
     3回戦 白百合3−1熊本商業高校
(準決勝)4回戦 白百合2−1菊池女子高校
  (決勝)5回戦 白百合1−2必由館高校

記録者 久保舞佑子 (2年)





このページのトップへ









































































事 項

第32回県下高等学校学年別剣道選手権大会

期 日

平成26年1月11日(土)
場 所

菊池市総合体育館

結 果

1年生の部:2位…石井愛海   2年生の部:3位…黒木彩代

状 況

 この大会は県内の選手が集まり、1年生の部と2年生の部に分かれて行われた。結果は、1年生の部で石井愛海が2位。2年生の部で黒木彩代が3位。去年は1年生の部・2年生の部優勝を成し遂げたが、今年は惜しくも逃してしまった。他の部員も気力溢れる攻め勝った試合をするが、また課題の残る結果となった。
 今回の試合で出た反省を生かし、修正を加えて次の大会に向けて1回1回の練習を大切にして全員で頑張っていきたい。

記録者 平井咲帆 (2年)





このページのトップへ










































































事 項

第14回青龍旗高校剣道大会

期 日

平成25年12月15日(日)

場 所

益城町総合体育館

結 果

団体:優勝

 最優秀選手賞:黒木彩代
 5人抜き敢闘賞:中原光紗


状 況

 今回の大会は、1本勝負の切り抜き戦という独特のルールで行われる大会である。白百合は2連覇をしていたので今年も優勝を目指して挑んだ。白百合は2回戦からの出場。2回戦は相手の先鋒に副将まで出されたが副将の中原が5人抜きを果たした。3回戦からはメンバーを変更し、中堅の馬場が大将を抑えた。4回戦は先鋒の向坂が3人抜き、相手の副将に2人抜かれたが、最後は中原が勝ち取った。
 準決勝では次鋒の石井が3人抜き、大将まで進んだが、大将に3人抜かれ大将戦となり、黒木が勝利し決勝へ。
 決勝では互角の勝負を繰り広げ、大将同士の勝負となった。結果は延長戦で黒木が見事1本を取り優勝することができた。
 新チームになり初めて団体で優勝することができた。これを自信にかえ、チーム一丸となって全国選抜予選に向けて取り組んでいきたい。

備 考




準決勝
決勝
1回戦 白百合(2人残し)
2回戦 白百合(3人残し)
3回戦 白百合(2人残し)
4回戦 白百合(大将どうし)
5回戦 白百合(大将どうし)

   
宮崎日大
筑紫女学院
三重総合
福岡第一 
中村学園


記録者

久保舞佑子(2年)






このページのトップへ














































































事 項

一番ヶ瀬争奪神崎少年剣道大会
期 日

平成25年12月1日

場 所

神崎中央公園体育館

結 果

団体:ベスト8

状 況

 この大会は故一番ヶ瀬豊先生の医師を継承し、平成16年から高校の部として始まった。出場チームは九州各県より出場している。
 試合では、予選リーグから4チーム中、上位2チームが決勝トーナメントへと進む。1戦目は不戦勝、2戦目は次鋒・中堅が2本取られ、副・大で取り返しに行くが副将が引き分け、大将が1本取ったものの、2−1で敗れた。3戦目は気持ちを切り替え、先・次・中が取り、3−0で勝利。2位で予選リーグを上がった。決勝トーナメント1戦目は樟南。次鋒が先取したが、中堅で取り返され、続く副・大が引き分け。勝負は代表戦に持ち越された。結果、長時間の代表戦の末、惜しくも敗れた。
 今回の大会で出た一人ひとりの課題を次の大会までに改善したい。

備 考

予選リーク


準々決勝

1回戦 白百合5−0唐津東
2回戦 白百合1−2西日本短大附属
3回戦 白百合3−0専大玉名
4回戦 白百合1−1樟南

記録者

向坂日菜野








このページのトップへ


























































事 項

平成25年度熊本県下高等学校新人剣道大会 兼九州選抜予選
期 日

平成25年11月9日(土)〜10日(日)

場 所

菊池市総合体育館

結 果

団体:3位
状 況

 この大会は熊本県内の高校が新チームで出場する大会である。団体はベスト4、個人はベスト8に入ると2月に行われる九州選抜に出場できる。
 9日に行われた個人戦では4人が出場。ベスト8に入ることができず悔しい結果となった。
 10日に行われた団体戦では、1回戦に天草高校を4−0の大差で破り、続いて2回戦は専大玉名を3−0で押さえ、準々決勝も2−0で勝利した。準決勝では、先鋒が1本取られ、次鋒が取り返しに行き、1本先取したが2本取り返されてしまった。中堅・副将が果敢に攻めるも引き分けてしまい敗戦。3位となったが九州選抜の切符はなんとか手にすることができた。
 今回の大会は多くの課題が残された。次の大会までに改善したい。

備 考

1回戦 白百合4−0天草
2回戦 白百合3−0専大玉名
3回戦 白百合2−0鹿本
4回戦 白百合0−3阿蘇中央
5回戦 白百合
6回戦 白百合
7回戦 白百合

記録者 中原光紗






このページのトップへ



























































黒木彩代 凱旋!!

事 項

第12回宮崎県武道館旗争奪高等学校剣道競技大会

期 日

平成25年10月13日

場 所

宮崎県武道館

結 果

団体:3位
個人:優秀選手…黒木彩代

状 況

 この大会は、九州各県の総体予選ベスト4の学校が参加する大会で、団体戦が行われる。
 試合は4校リーグで上位2校が勝ち上がり、トーナメントへ進む。リーグの結果は鹿屋女子に3−1、大分に1−1、高千穂に2−2の本数負け、1勝1敗1分けで、2位通過となった。トーナメントの組み合わせは各校代表者による抽選で行われた。最初の相手はリーグで惜しくも敗れてしまった高千穂との対戦。結果は2−0で勝ち上がり、次の相手は三養基。これも3−1で勝ち上がり、準決勝は島原との対戦。先鋒が引き分け、次鋒が1本先取されたが2本取り返し、中堅・副将共に引き分け。大将で1本取り返され、代表戦となった。代表には大将の黒木が出場。延長の末、相手に取られ、決勝まであと1歩届かず悔しい結果となった。
 課題が多く残ったので、次までに改善していきたい。

備 考

予選リーグ 1回戦 白百合3−1鹿屋女子
        2回戦 白百合1−1大分
        3回戦 白百合2−2高千穂

トーナメント 1回戦 白百合2−0高千穂
         5回戦 白百合3−1三養基
         6回戦 白百合1−2島原

記録者 久保舞佑子






このページのトップへ


























































事 項

東日本大震災復興支援第68回国民体育大会剣道競技会

期 日

平成25年9月29日(日)、30(月)

場 所

東京武道館

結 果

団体:1回戦敗退

状 況

 国体は成年男子・女子、少年男子・女子の部門があり、少年女子は各ブロック予選を勝ち抜いた16都道府県のみが出場する。チームは各都道府県から選ばれた者で編成される。
 白百合からは福川、塩野、福屋、黒木の4人が選出された。
 熊本県の初戦は埼玉県。先鋒塩野は相手に先取されるも2本を取り返し勝利。続く次鋒は敗れ、中堅福屋は延長戦の末敗れた。埼玉にリードされる形となったが、副将が勝利し、2−2で大将戦となった。大将福川は序盤から惜しい技の連続だったが敗れてしまった。結果、熊本県はよもやの1回戦敗退。
 今回の大会は、熊本県を背負って戦っただけに、悔しい結果となった。これからは、また、それぞれの高校に戻って練習に励んでいくが、熊本の技術向上のため切磋琢磨して頑張っていきたい。

備 考

1回戦 熊本 2−3 埼玉

記録者 福屋瑠加





このページのトップへ

























































事 項

第35回大麻旗争奪剣道大会

期 日

平成25年8月22日(木)、23日(金)

場 所

佐賀県総合体育館

結 果

団体:ベスト16
個人:優秀選手賞…馬場千晶

状 況

 この大会は昨年が準優勝で、今年は優勝を狙った試合だった。2回戦からの入りで4−0という大差で勝利した。3回戦は、先鋒が1本取り、中堅で2本取られ追いつかれたが、副将で2本取り勝利した。4回戦は接戦で代表戦まで持ち込んだが、惜しくも敗れた。
 優秀選手には馬場千晶が選ばれたが、フルメンバーの新チーム初めての試合でベスト16というとても悔しい結果となった。この結果をしっかりと受け止め、チーム一丸となって今回の反省を次の大会までに改善していきたい。

備 考

1回戦 白百合
2回戦 白百合4−0長崎北
3回戦 白百合2−1福工大城東
4回戦 白百合0−1日章学園
5回戦 白百合
6回戦 白百合
7回戦 白百合

記録者 中原光紗




このページのトップへ























































事 項

八代市民体育祭

期 日

平成25年8月18日

場 所

鏡体育館

結 果

個人:優勝…中原光紗   準優勝…馬場千晶

状 況

 この大会は、八代市の小学生から一般までが出場する大会。小・中学の地区対抗、高校・一般の地区対抗の他、各部での個人戦も行われた。猛暑のなか、熱気溢れる体育館で高校女子の部が始まったのは午後過ぎとなった。
 試合時間は3分の延長1分で行われ、勝負が決しない場合は抽選となった。準決勝から4分延長無制限と普段の試合とは少し異なる規則での試合となった。
 抽選や、白百合同士のなか、決勝に勝ち進んだのは中原と馬場。熱いなか、お互い終始気力を出し切り、結果は1位中原、2位馬場となった。
 3年生が抜け、主力が変わったこの大会では、優勝はしたものの、多くの反省点が残った。今回の反省を生かし、新チームが全員揃う次の大会へのバネにしてより力をつけていきたい。

備 考

1回戦 白百合
2回戦 白百合
3回戦 白百合
4回戦 白百合
5回戦 白百合
6回戦 白百合
7回戦 白百合

記録者 向坂日菜野






このページのトップへ

























































事 項

平成25年度国民体育大会第33回九州ブロック大会

期 日

平成25年8月18日(日)

場 所

福岡市民体育館

結 果

団体:優勝 熊本県

状 況

 この大会は、各県で代表7名が選出され、八代白百合からは5名が出場し、熊本県代表として戦った。試合は九州8県の総当たり戦で、上位3県が九州代表として東京で行われる本国体へ出場することができる。どのチームも各県の代表選手というだけあって厳しい戦いとなった。
 1回戦は長崎で大将戦へともつれこんだが、福川が引き面で1本を決め、1−0で勝利。2回戦は沖縄を3−0で押さえた。3回戦は福岡に先鋒が2本取られ、次・中と果敢に取り返しに行くが副将が1本取られ2−0で敗れた。4回戦は気持ちを切り替え、先鋒が1本取られるが次鋒・副将が取り返し、2−1で勝利。5回戦は佐賀に3−0。6回戦は宮崎に3−0で勝利。6回戦を終えたところで福岡と4勝者数差で7回戦の勝者数が鍵となった。7回戦は鹿児島に5−0と最後まで持ち前のチームワークを発揮して試合をすることができた。結果は1位通過で本国体への出場権を獲得した。
 今回、九州ブロックを1位通過できたことに自信を持ち、9月に東京で行われる本国体に向けて、さらに熊本県の代表として精進していきたい。

備 考

1回戦 熊本県1−0長崎
2回戦 熊本県3−0沖縄
3回戦 熊本県0−2福岡
4回戦 熊本県2−1大分
5回戦 熊本県3−0佐賀
6回戦 熊本県3−0宮崎
7回戦 熊本県5−0鹿児島

記録者 塩野あゆみ




このページのトップへ


























































事 項

第45回宮本武蔵顕彰高等学校剣道大会

期 日

平成25年8月12日(月)

場 所

宮本武蔵顕彰武蔵武道館

結 果

団体:3位
個人:優勝…中原光紗      4回戦敗退…向坂日菜野

状 況

 この大会は岡山県を中心に全国から有力校が集まる大会である。試合は団体戦、個人ともにトーナメント戦で行われた。
 団体戦は2回戦からの入りで、花岡B、3回戦のPL学園B、4回戦の興譲館Bに気力を出し切って勝利。準決勝の鳥取国体では、次鋒が先に1本取られ、1本返したが取り返され、続く中堅も1本取られた。副将が攻め勝ち1本勝ち、大将が2本取れば勝ちという状況で、取りに行くが引き分けて、3位という結果となった。個人戦には中原と向坂が出場。中原は1回戦から着々と勝ち進み、決勝に駒を進めた。決勝では初太刀で甲手を取り勝利。向坂は4回戦では奮闘するも惜しくも敗戦。
 悔しい結果となり、また課題が見つかった。これらを次の大会までに改善させ、チーム一丸となって頑張りたい。

備 考

1回戦        白百合
2回戦        白百合1−0花岡B
3回戦        白百合3−1PL学園B
4回戦(準々決勝)  白百合(本)1−1興譲館B
5回戦(準決勝)   白百合1−2鳥取国体
6回戦        白百合
7回戦        白百合

記録者 平井咲帆





このページのトップへ


























































事 項

平成25年度全国高等学校総合体育大会 第60回全国高等学校剣道大会

期 日

平成25年8月6日(火)、7日(水)、8日(木)、9日(金)

場 所

佐賀県総合体育館

結 果

団体:ベスト16
個人:3回戦敗退…福川菜月

状 況

 この大会は6月に行われた県予選で勝ち上がったチームだけが出場でき、高校剣道の頂点を決める大きな大会である。白百合は団体と個人で福川菜月が出場した。
 団体では予選リーグ1回戦(対作新学院)に対し、先鋒塩野が先取。続く次鋒が負けるも、中堅西濱が押さえ2−1で勝利した。2回戦(対広島皆実)でも、前衛陣が活躍を見せ2−0で勝利した。決勝リーグへと進み3回戦の相手は中村学園。大会ごとに顔を合わせている相手で、これまで1度も負けていなかったが、結果は先鋒・次鋒がが引き分けとなり、中堅が果敢に攻めるも1本を取られ、副将・大将が必死に取り返しに行くが、無情にも試合終了のブザーが鳴り響いた。結果はベスト16で、悔しい結果となった。個人では昨年2位の福川が順当に2回戦まで勝ち上がったが3回戦でよもやの敗戦。
 今回の大会は3年生にとって白百合代表として出場する最後の大会であった。これからは新チームが動き出す。後輩たちには、この悔しさをバネに頑張って欲しい。

備 考

1回戦 白百合2−1作新学院
2回戦 白百合2−0広島皆実
3回戦 白百合0−2中村学園
4回戦 白百合
5回戦 白百合
6回戦 白百合
7回戦 白百合

記録者 福屋瑠加




このページのトップへ



























































事 項

第10回全国高校招待剣道大会『武蔵旗』

期 日

平成25年7月30日(火)、31日(水)

場 所

熊本市総合体育館

結 果

団体:2回戦敗退
個人: 1年の部…優勝 馬場千晶   2・3年の部…優勝 中原光紗

状 況

 この大会は、全国各地から多くの選手が参加し、また、韓国の高校も参加する大会である。2日間にわたり団体戦と個人戦が行われた。
 団体戦は、2回戦目からの入りで、先鋒から中堅まで引き分け、副将がとられ、大将が取り返し行くが時間が来て0−1で敗退となった。フルメンバーではないものの新チームでの初めての試合で大きな課題が残る大会となった。
 個人戦では、各選手が出場し気力と厳しさを出し切った試合をした。その中で1年の部、2・3年の部で決勝に進んだのは馬場と中原。決勝戦も落ち着いていて自分のペースで試合をし、結果は各部優勝となった。
 個人戦は良かったものの、団体戦の悔しさを忘れずに次の大会に向けてチーム一丸となって頑張りたい。

備 考

1回戦 白百合
2回戦 白百合0−1折尾愛真
3回戦 白百合
4回戦 白百合
5回戦 白百合
6回戦 白百合
7回戦 白百合

記録者 平井咲帆



このページのトップへ



























































事 項

第86回平成25年度玉竜旗高校剣道大会

期 日

平成25年7月25日(木)、26日(金)

場 所

マリンメッセ福岡

結 果


団体:ベスト8 優秀校
個人:5人抜き、10人抜き、優秀選手賞…塩野あゆみ

状 況

 この大会は全国の精鋭が集まるレベルの高い大会であり、団体数も396チームと、とても大きな大会である。試合方法も抜き勝負で、珍しい。
 優勝を目指す白百合は2回戦からの入りで、2回戦(対滝川第二)に対し、先鋒塩野が5人抜きで勝利。3回戦(対日大高)では、大将戦までもつれこんだが、大将福川が意地を見せ勝利。4回戦(対健大ア)では、塩野が中堅までを抜き、副将を引き分けで押さえると、続く黒木が大将と引き分けで勝利した。5回戦(対仙台育英)、6回戦(対福岡舞鶴)の試合では塩野が計10人を抜き、準々決勝へと進んだ。
 準々決勝(対和歌山東)では先鋒が敗れ、リードされる形となった。大将福川が相手副将を倒すも続く大将戦で延長にまでもつれる激戦の末敗れ、ベスト8となった。
 今回の大会は悔しさの残る結果となった。次の大会まで、しっかりと課題を直していきたい。

備 考

1回戦 白百合
2回戦 白百合○(4人残し) −滝川第二
3回戦 白百合○(大将戦)  −日大
4回戦 白百合○(3人残し) −健大高崎
5回戦 白百合○(4人残し) −仙台育英
6回戦 白百合○(4人残し) −福岡舞鶴
7回戦 白百合×       −(大将戦)和歌山東

記録者
福屋瑠加

何だかとってもいい感じ





このページのトップへ
























































事 項

第5回全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会
期 日

平成25年7月15日

場 所

日本武道館

結 果

団体:ベスト8

状 況

 この大会は各県の予選を勝ち抜いた先鋒の高校生、次鋒の大学生、中堅・副将・大将の一般がチームを組み、県代表として日本一を争う大会である。我が校からは福川菜月が出場した。
 1回戦の岩手戦では応援に駆けつけてくださった方々の声援に後押しされ2−0と快勝。2回戦の千葉戦も3−0と勝利し勢いに乗った。しかし3回戦の徳島戦では次鋒1本負け、副将1本勝ちの展開から大将戦へ。大将戦は引き分け、大将同士の代表戦となった。お互い譲らず長い延長戦の末、徳島県に軍配が上がった。結果は昨年同様ベスト8とあと一歩の結果となった。
 二年連続で先鋒として出場させていただき、とても貴重な体験ができた。

備 考

1回戦 白百合2−0岩手
2回戦 白百合3−0千葉
3回戦(代表) 白百合1−1徳島

記録者 福川菜月






このページのトップへ
























































事 項

第60回全九州高等学校剣道競技大会

期 日

平成25年7月13日(土)、14日(日)

場 所

鹿児島アリーナ

結 果


団体:3位
個人:福川…3回戦敗退   塩野…2回戦敗退

状 況

 この大会は九州各県の団体上位2チームと個人ベスト8に入った選手が参加する大会で、2日間に渡り熱戦が繰り広げられた。白百合からは、団体と個人で福川菜月と塩野あゆみが出場した。
 1日目は、4校リーグのうちの2試合が行われ、長崎日大に2対1、白石に2対1で勝ち、2日目の試合につなげることができた。個人戦では気力のある試合をみせたが、福川は3回戦敗退、塩野は2回戦敗退と悔しい結果となった。2日目の初戦は樟南で、引き分け以上ならリーグ戦を1位で上がれたが2対1で負け、2位上がりで、決勝トーナメント1回戦は中村学園となった。
 4校リーグは少しもたついてしまうところがあったが、この試合は全員が攻め勝ち、伸び伸びと試合をすることができ3対0で勝利。準決勝は島原に次鋒が1本取られ、中堅がすぐさま取り返したが、その後取り返され引き分け。副将、大将が必死で1本を取りに行くが攻めきれず、悔しい結果となった。
 今回の大会の反省を生かし、夏の大舞台である玉竜旗、インターハイに16人全員が心も体も万全な状態で臨みたい。

 
備 考

1回戦 白百合2−1長崎日大
2回戦 白百合2−1白石
3回戦 白百合1−2樟南
4回戦 白百合3−0中村学園
5回戦 白百合0−1島原

記録者 塩野あゆみ




このページのトップへ



























































事 項

平成25年度熊本県高校総体剣道競技大会
期 日

平成25年5月31日(金)、6月2日(日)

場 所

菊池市総合体育館

結 果

団体:優勝
個人優勝:福川菜月   3位:塩野あゆみ

状 況

 この大会は8月のインターハイ出場をかけて行われる。県内の高校生が参加し、5月31日は個人戦、6月2日は女子団体戦が行われた。
 31日の個人戦では、福川と塩野が出場した。結果は福川が優勝し、出場権を得た。塩野は惜しくも3位で全国出場は逃したものの、九州大会出場を決めた。
 2日の団体戦では、1回戦を3−0、2回戦を5−0で勝ち、準々決勝へと進んだ。白百合対阿蘇中央戦では会場中が注目する中で行われた。試合はまさに互角の勝負で代表戦までもつれたが、最後は福川が押さえた。決勝リーグでは1回戦の菊池女子戦でよもやの引き分け。残り2試合はポイントを考えながらの勝負となった。尚絅戦を2−0で、必由館を3−0で破り、勝者数で上回り優勝を決めた。
 優勝は6年ぶり2回目となり、優勝が決まった瞬間は涙が溢れた。8月に行われるインターハイでは選抜大会の悔しさを忘れずに部員一丸となり力を試してみたい。

備 考

1回戦 白百合3−0東海大星翔
2回戦 白百合5−0学園大附属
3回戦 白百合(代表)1−1阿蘇中央
4回戦 白百合2−2菊池女子
5回戦 白百合2−0尚絅
6回戦 白百合3−0必由館


記録者 福屋瑠加 (3年)





このページのトップへ







































































事 項

第11回全国優秀校女子剣道錬成京都大会

期 日

平成25年5月4日(土)

場 所

京都府久御山町総合体育館

結 果

団体T部:3位   U部:準優勝

状 況

 全国から優秀校が選抜され開催された大会である。今年は24チームが出場し、T部とU部に分かれてレベルの高い試合が行われた。昨年は3位入賞、今年も上位入賞を目指した。
 T部では4校ずつの予選リーグが行われ、上位2校が決勝トーナメントに進出できる。1試合目は2−0で久御山に勝利。2試合目は大将が2本勝ちをしなければ負けてしまうという苦しい状況の中、期待に応えて福川が2本勝ちをし、1−1の引き分け。3試合目は東奥義塾に3−0で勝利し予選リーグを1位で上がった。決勝トーナメントの1試合目は桐蔭学園に1−1の代表戦で福川が得意の面を取り勝利した。つづく準々決勝では中村学園に1−1の本数で勝利。準決勝では先鋒の塩野が1本勝ち。大将の福川が先に1本取ったが2本取り返された。代表戦では塩野が敗れ、結果は3位となった。U部では大将の中原がチームをリードし、決勝では2−2の本数で敗れたが準優勝という結果を残した。

備 考

1回戦 白百合2−0久御山
2回戦 白百合1−1大社
3回戦 白百合3−0東奥義塾
4回戦 白百合(代表)1−1桐蔭学園
5回戦(準々決勝) 白百合1−1中村学園
6回戦(準決勝) 白百合1−1麗澤瑞浪


記録者 塩野あゆみ (3年)





このページのトップへ



















































事 項

第20回黒木旗高等学校剣道大会

期 日

平成25年4月28日(日)

場 所

鹿児島県サンアリーナせんだい

結 果

団体:優勝 白百合A    ベスト8 白百合B
    最優秀選手…塩野あゆみ

状 況

 この大会は鹿児島県を中心とした九州各地、遠くは岐阜からも集まった大会である。試合時間は3分で行われ、準々決勝からは4分となる。
 白百合Aは2回戦からの入りとなった。1−0、5−0、2−0で勝ち上がり、準々決勝へと進んだ。準々決勝の相手は樟南A。1−1の展開で代表戦になると白百合からは福川が選出され延長戦の末勝利した。準決勝は錦江湾に2−0で勝ち決勝は樟南B。先鋒塩野、次鋒西濱が勝ち、その2勝を守り優勝となった。
 白百合Bは1回戦から勝ち上がっていった。が、準々決勝で錦江湾Bに接戦の末敗れベスト8に終わった。

備 考

2回戦 白百合A1−0高鍋
3回戦 白百合A5−0中京B
4回戦 白百合A2−0鹿屋女子A
5回戦(準々決勝) 白百合A(代表)1−1樟南A
6回戦(準決勝) 白百合A2−0錦江湾A
7回戦 白百合A2−0樟南B

記録者 福屋瑠加 (3年)




このページのトップへ



















































事 項

城南地区剣道大会

期 日

平成25年4月26日

場 所

宇土高校体育館

結 果

団体:優勝 
個人:優勝 西濱早織   準優勝 橋本亜矢

状 況

 この大会は、八代近郊の高校が集まり開催された大会である。白百合学園の一般の生徒の応援もあり、たいへん良いムードの中での試合となった。
 結果は団体戦優勝。個人戦では西濱が優勝、橋本が準優勝、とよい結果を残した。団体戦では先鋒から大将まで良い流れをつくり、内容のある試合で準優勝、決勝と大差で抑えた。個人戦では西濱が持ち前の勢いのある攻めで優勝し、橋本は気力溢れる試合で準優勝を収めた。
 個人戦の決勝戦は白百合どうしの試合であった。
 今回の大会で優勝できたことを自信にし、より精度を高めて頑張っていきたい。

備 考

準決勝 白百合4−0八代
 決勝  白百合3−0八代東

記録者 塩野あゆみ




このページのトップへ



















































事 項

第29会魁星旗争奪全国高校女子剣道大会

期 日

平成25年3月29日(金)、30日(土)、31(日)

場 所

秋田県立武道館

結 果

団体:優勝   最優秀選手…塩野あゆみ

状 況

 この大会は秋田県で開催される高校全国大会4大タイトルの1つである。全国から多くのチームが出場し、全国選抜大会出場チームもほとんどが参加する大会である。報道なども多く、緊迫した雰囲気での試合が三日間にわたり行われた。
結果は優勝。6度目の全国制覇を成し遂げた。全国の舞台で八代白白百合学園の名を刻むことができた。シード校で2回戦からの出場で、地元秋田高校を大差で抑えた。3回戦、先鋒の塩野が2本勝ち、1−1の本数で勝利。4回戦は副将の福屋が勝ち、この試合も1−0で勝利。3、4回戦は僅差の勝負となったが持ち前のチームワークが勝利へとつなげた。5回戦は大会3日目となった。気力溢れる試合で4−0と大差で勝ち、1日の流れを掴んだ。準々決勝、先鋒の塩野が1本取り、1−0で勝利。準決勝は2−0で勝利した。決勝はたいへん緊迫した雰囲気で、中堅の西濱が切れのある技で2本勝ち。その2本がチームを優勝へとつなげた。今回の大会は先鋒の塩野が活躍し、チームをリードした。そして最優秀選手にも選ばれた。日本一の目標を1つクリアできたことに自信を持ち、これを機により力をつけることができるよう12人が気持ちを1つにして夏に向けて頑張っていきたい。

備 考

2回戦 白百合5−0秋田県
3回戦 白百合1(本)−1神奈川県
4回戦 白百合1−0千葉県
5回戦 白百合4−0福岡県
6回戦 白百合1−0東京都
7回戦 白百合2−0青森県
8回戦 白百合1−0福岡県

記録者 塩野あゆみ


優勝旗が重たそうです





余裕のVサイン    じっくり味わってるマイペースな人も…



『上品さ』さえ漂ってきます



お店の人もびっくり



普通はこれくらい食べると手が震えてくるそうです



なのにこの余裕…   うしろで”伸び〜”してる人もいます

このページのトップへ


















































事 項

第22回全国高等学校剣道選抜大会

期 日

平成25年3月27日(水)、28日(木)

場 所

愛知県春日井市総合体育館

結 果

団体:ベスト8
個人:優秀選手…福川菜月

状 況

 全国大会の1つで、各県の予選を勝ち抜いた1校だけが出場できる大会である。白百合は3年連続の出場で、7年ぶりの優勝を目指した。
 まずは予選リーグ2試合。どのチームも各県の代表というだけあって難しい戦いとなったが、名経大市邨に2−1、徳島文理に2−0で勝ち、決勝トーナメント第1試合は桐蔭学園。先鋒、次鋒で先取することができ、3−1で準々決勝へと進んだ。相手は麗澤瑞浪。先鋒塩野が2本勝ちを収めたが次鋒成松が接戦の末、破れた。続く中堅黒木が1本勝ちを収めたが、副将福屋、大将福川が破れ、よもやの逆転負けとなった。結果はベスト8で、受け入れがたい悔しい結果であった。優秀選手には福川が選ばれた。今回の大会には優勝を目指していただけに、とても残念である。この悔しさをバネにインターハイに向かって前進したい。

備 考

1回戦 白百合2−1名経大市
2回戦 白百合2−0徳島文理
3回戦 白百合3−1桐蔭学園
4回戦 白百合2−3麗澤瑞浪

記録者 福屋瑠加



表情に悔しさが出ています 『元気出せ!! 次がある!!』

このページのトップへ














































































今回の遠征で、生徒たちは貴重な体験をしました。
『強いだけ』では駄目、クラブ活動を通して学ぶことは大きいのです。








このページのトップへ
































事 項

期 日

場 所

結 果

状 況

備 考

1回戦 白百合
2回戦 白百合
3回戦 白百合
4回戦 白百合
5回戦 白百合
6回戦 白百合
記録者

このページのトップへ
































事 項

期 日

場 所

結 果

状 況

備 考


事 項

期 日

場 所

結 果

状 況

備 考