平成29年度データ



城南地区大会


第24回黒木旗高等学校剣道大会


第15回全国優秀校女子剣道錬成京都大会


平成29年度熊本県高等学校総合体育大会


第64回全九州高等学校剣道競技大会


第90回平成29年度玉竜旗高校剣道大会


第12回八代市民体育祭剣道大会


第39回大麻旗争奪剣道大会



文部科学大臣賞争奪第49回宮本武蔵顕彰
高等学校剣道大会
10

平成29年度国民体育大会・第37回九州ブロック大会
11

第72回国民体育大会剣道競技会
12

第16回宮崎武道館旗争奪高等学校剣道競技大会 
13


平成29年度熊本県下高等学校新人剣道大会
兼第34回九州高等学校選抜剣道大会県予選会
14

第53回熊日杯県下段別剣道選手権大会
15


龍谷高校剣道部創部110周年記念
戸田能徳先生・西村隆義先生顕彰高等学校大会

16

第18回青龍旗高校剣道大会
17

第21回将龍杯高校剣道大会
18

平成29年度第36回県下高等学校学年別剣道選手権大会
19


平成29年度熊本県下高等学校剣道大会
兼・第27回全国高等学校剣道選抜大会県予選会

20

第50回出水地区対八代市親善剣道大会
21

平成29年度第34回九州高等学校選抜剣道大会
22

第27回熊本女子剣道大会
23

第20回大霧島旗争奪高校剣道練成大会
24

第27回全国高等学校剣道選抜大会
25

第34回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会
 





剣道部トップ画面に戻る





部活トップ画面に戻る





HPトップ画面に戻る











































































































NO.25
事 項

第34回魁星旗争奪全国高校選抜剣道大会
期 日

平成30年3月29日(木)~31日(土)

場 所

秋田県立武道館

結 果

団体:ベスト8  優秀選手…小田彩可

状 況

 この大会は秋田県で開催され、東北を中心に全国各地から高校剣士が集まる高校全国大会4タイトルの一つである。
 全国選抜に出場した白百合は2日目からの入りとなった。
全国選抜での悔しさをバネに白百合らしい剣道をしようと14人全員の気持ちを一つにして臨んだ。そして、1試合目から圧倒した剣道で勝ち進み、最終日に残った。
 4回戦、静岡の古豪である磐田西との対戦で、先鋒がとられるも、次鋒・中堅で取り返し、2-1で勝利。続く5回戦、全国選抜にも出場している桐蔭学園に1-2で敗退し、ベスト8となった。先鋒は果敢に攻めるも取られてしまい1本負け。次鋒は前に攻めていき1本勝ち。中堅は引き分けるが、続く副将が1本取られ、取り返しに行くが1本負け。大将が取らねばの展開で、強気で攻めるも時間が来てしまい、引き分けで敗退。
 選抜に続き、とても悔しい結果に終わった。この悔しさをしっかりと胸に刻み、自分たちに足りないものを考え補っていき、次の夏に向けて精進していきたい。

備 考

  1回戦   白百合 5-0 横手城南 秋田県 
  2回戦 白百合 3-0 東京学館船橋   千葉県
  3回戦 白百合 2-0 東海大菅生 東京都
  4回戦 白百合 2-1 磐田西 静岡県
  5回戦 白百合 1-2 桐蔭学園 神奈川県


記録者 小山亜美 (2年)








このページのトップへ














































































NO.24
事 項

第27回全国高等学校剣道選抜大会

期 日

平成29年3月27日(火)、28(水)
場 所

春日井市総合体育館
結 果

団体:3回戦敗退

状 況

 この大会は全国各県の厳しい予選を勝ち抜いた学校が出場できる大会である。本校は13回目の出場で、5度目の優勝を目指した。
 初戦はひとり一人集中して自分らしい試合ができ、4-0で勝利した。2回戦では、先鋒が1本勝ち、次鋒が1本負けしたが、副将の小田鈴珠が2本取り、大将は引き分けで、2-1で勝利した。準々決勝進出をかけた3回戦の相手は島原。先鋒が1本負け、中堅が1本勝ちをし、そのまま大将戦となったがいつも通りの試合をすることができず負けてしまった。
 今回の大会は、まだまだ自分たちの攻めの甘さを強く感じた。たくさんの方々からの応援に感謝し、悔しさをバネに総体に向け全員で頑張っていきたい。


備 考

1回戦   白百合 4-0 土浦湖北 茨城県 
2回戦 白百合 2-1 拓大紅陵   千葉県
3回戦 白百合 1-2 島原 長崎県


記録者 小田彩可 (2年)








このページのトップへ













































































NO.23
事 項

第20回大霧島旗争奪高校剣道練成大会
期 日

3月10日(土)~11日(日)
場 所

まきぞのアリーナ
結 果

団体:ベスト8
状 況

 この大会は2日間にわたっておこなわれ、九州各県、西日本から多くのチームが出場した。予選リーグは3~4校でおこなわれ、上位2校が決勝トーナメントに進む。1日目の予選リーグ1回戦は不戦勝で、1試合だけとなったが国分高校に3-0で勝利した。2日目は、予選リーグの残り1試合では佐伯鶴城に3-0と好スタートを切り予選を1位通過で決勝トーナメントへ駒を進めた。トーナメント1回戦は久留米商業との戦いとなり、中堅の小田鈴珠が2本決め、副将が1本取り返されるが、大将の小田彩可が引き分け勝利した。2回戦は先日おこなわれた九州大会でも対戦した三重総合だったが、次鋒の吉田が相手を圧倒して2本取りチームも勝利した。3回戦は先鋒・次鋒が取られ、中堅の吉田が1本取り返すも、巻き返すことが出来ずチームも敗れた。今回の試合ではチーム全体の力不足と安定感の無さを痛感した。この結果をバネにして2週間後の全国選抜大会に向けて、ひとり一人が課題を意識し、強い気持ちを持ち、万全の状態で臨みたい。

備 考

 
 予選リーグ 白百合 不戦勝  星琳高校
白百合 3-0 国分高校
白百合 3-0 佐伯鶴城高校
決勝トーナメント    1回戦 白百合 1-1 久留米商業高校
2回戦 白百合 1-1 三重総合高校
3回戦 白百合 1-4 尚絅高校


記録者  江藤小百合 (2年)








このページのトップへ
















































































NO.22
事 項

第27回熊本女子剣道大会

期 日

平成30年2月25日(日)

場 所

菊池総合体育館

結 果

団体:準優勝…白剣会 田山三姉妹
個人:優勝…小田彩可

状 況

 この大会は九州を中心に山口や高知、遠くはドイツからも女子剣士たちが集まり参加するものである。白百合からは1・2年生が高校生の部の個人戦に、3年生とOGの先輩方が一般の団体戦に7チーム出場した。個人では小田彩可が優勝、団体では白剣会の田山三姉妹が準優勝するという素晴らしい結果を残した。他は、結果を残すことができず残念な気持ちだ。個人決勝では、小田が思い切り面に飛び、相手が相手が遅れて技を出し1本になった。団体戦決勝では、田山三姉妹の先鋒・中堅で流れをつくり、大将に繋いだ。惜しくも取られてしまい敗れたが、気力・厳しさ・技のスピードは圧倒的だった。3年生とOGの先輩方の試合を拝見して、自分たちのレベルでは通用せず、見習うべきところが多々あった。また、自分たちにまだ足りないところをこれからの稽古で改善していき、3月におこなわれる全国選抜大会で1つでも多く勝ち上がれるように、今までの自分を見直し0からのスタートで、14人が同じ気持ちで団結して頑張っていきたい。


記録者  湯地由希乃 (2年)








このページのトップへ



































































NO.21
事 項

平成29年度第34回九州高等学校選抜剣道大会

期 日

平成30年2月10日(土)、11(日)

場 所

北九州市立総合体育館

結 果

団体:予選リーグ敗退
個人:1回戦敗退…小田彩可

状 況

 この九州選抜大会は昨年11月におこなわれた新人戦の団体上位4校、個人上位8名が出場できる大会である。白百合は団体および個人で小田彩可が出場した。団体試合はまず4校での予選リーグとなった。興南(沖縄)との試合では、先鋒・次鋒・中堅・副将が引き分け、大将戦となり、1本取られ敗れた。三重総合(大分)との試合では、先鋒が1本勝ち、次鋒が引き分けとなり、中堅が1本取られ敗れてしまい、同数の展開となった。続く副将が2本勝ち、大将が1本勝ちし、3-1で勝利した。白石(佐賀)との試合では、先鋒が引き分け、次鋒が1本負けし、続く中堅・副将・大将が取り返すことができず、引き分けとなりチームは敗れた。団体は予選リーグ敗退という悔しい結果となった。個人戦では互いに一歩も譲らず延長となり、技を出したところを相手がうまく利用し打たれ、1回戦敗退となった。今回の大会でチームの精神力の弱さや意識の低さを痛感した。1ヶ月後の全国選抜に向けてひとり一人の意識を高め、今回出た結果の修正に取り組みたい。

備 考

1回戦  白百合 0-1 興南(沖縄)
2回戦 白百合 3-1 三重総合(大分)
3回戦 白百合 0-1 白石(佐賀)


記録者 佐藤光姫 (2年)








このページのトップへ



































































NO.20
事 項

第50回出水地区対八代市親善剣道大会

期 日

平成30年1月28日(日)

場 所

八代市鏡体育館

状 況

 この大会は八代市と鹿児島県出水地区の親善試合で、今年で50周年を迎える伝統の大会である。女子の部では小学生、中学生、高校生、一般のそれぞれの地区の代表が団体を組んで戦う。
 高校生の部では、白百合から小田、江藤、白木が出場した。六将の白木は、先に相手に1本取られたが、直後1本取り返したものの惜しくも負けてしまった。四将の江藤は、接戦だったものの終盤戦で1本取られ、取り返すことができず、負けてしまった。三将の小田は中盤戦で1本取り、相手に取り返されたものの果敢に攻め、見事に1本取り、勝利した。
 今回の試合を通して個人の課題や精神の弱さを改めて痛感した。これからの九州大会や全国大会に向け、ひとり一人の課題を克服し、また精神力を高め、チーム一丸となって日々の稽古に励んで行きたい。


記録者 餅井美月 (2年)









このページのトップへ








































































NO.19
事 項

平成29年度熊本県下高等学校剣道大会
兼・第27回全国高等学校剣道選抜大会県予選会

期 日

兵士絵30年1月20日(土)、21日(日)

場 所

山鹿市総合体育館

結 果

団体:優勝


状 況

 この大会は熊本県内の高校が出場し、優勝した1校だけが3月に行われる全国選抜に出場することが出来る。
 白百合は2回戦からの入りで、有明高校を4-0で破り、続く3回戦では中堅の小田鈴珠と副将の餅井が2本取り2-0で勝利し決勝リーグへ駒を進めた。
 決勝リーグの開新との戦いでは、先鋒の湯地が1本を取り、リードした展開で1-0で勝利した。
 続く尚絅との戦いでは2-2と厳しい展開となったが、大将の小田彩可が1本を決め勝利した。
 阿蘇中央との戦いでは取って取られての競り合った中で副将が1本を取られたが大将の小田彩可が果敢に攻め見事に1本を決め優勝を決めた。
 試合が終わった瞬間、涙が溢れた。今回の結果を自信にして2月に行われる九州大会、3月に行われる全国選抜大会に向けて今まで以上の力を発揮し、自分たちらしい試合ができるように頑張っていきたい。

備 考

  1回戦  白百合 4-0 有明
  2回戦 白百合 2-0 熊本商業
決勝リーグ  1回戦 白百合 1-0 開新
2回戦 白百合 3-2 尚絅
  3回戦 白百合 2-2 阿蘇中央


記録者 後藤優佳 (2年)








このページのトップへ








































































NO.18
事 項

平成29年度第36回県下高等学校学年別剣道選手権大会
期 日

平成30年1月6日(土)
場 所

菊池市総合体育館
結 果

個人:ベスト8…小田彩可・小山亜美・餅井美月・小田鈴珠
状 況

 この大会は、県内の高校生が集まり1年生の部と2年生の部に分かれて行われた。白百合からは、1年生7名、2年生6名が出場した。
 全国選抜予選前の最後の試合であったため、それに繋がるようにと、全員が気合いを出して臨んだ。
 結果は1年生の部で小田鈴珠が、2年生の部で小田彩可、小山亜美、餅井美月がベスト8に入賞した。全員が気力を出して臨んだが、上位入賞に後一歩というところで届かず、とても悔しい結果に終わり、課題が多く残る試合となった。
 今回の試合で明確になった反省を生かし、もっとひとり一人が力をつけ、2週間後に行われる全国選抜予選に向けチーム一丸となって全国への切符を掴み取るために精進していきたい

記録者 小山亜美 (2年)








このページのトップへ






































































NO.17
事 項

第21回将龍杯高校剣道大会
期 日

平成29年12月26日(火)
場 所

別府市総合体育館
結 果

団体:4回戦敗退
状 況

 この大会は九州を中心としたチームが集まり、全国からも強豪校が参加する大会である。女子は95チームにもなる。そして、この今大会は本校が参加する今年最後の大会となった。
 1回戦はシードで2回戦からの入りとなった。相手は島根県の大社高校で、先鋒・中堅が取られたが、副将・大将で取り返し、本数勝ちで勝利を収めた。3回戦は長崎商業で、4-0で勝利し4回戦へと駒を進めた。
 4回戦の玉島は先鋒が取り、次鋒が引き分け、中堅・副将が取られたが、大将の小田彩可が勝ち、代表戦までもつれ込んだが、残念な結果に終わってしまった。
 1月に行われる全国選抜予選に向け、自分の課題としっかりと向き合いチーム一丸となり頑張っていきたい。

備 考

1回戦  白百合 2-2 大社
2回戦 白百合 4-0 長崎商業
3回戦 白百合 2-2 玉島


記録者  小田彩可 (2年)








このページのトップへ







































































NO.16
事 項

第18回青龍旗高校剣道大会

期 日

平成29年12月23日(土)

場 所

菊池市総合体育館

結 果

団体:ベスト8

状 況

 この大会は、1本勝負の斬り抜き戦のルールのもとおこなわれた。熊本県内だけでなく九州各県、西日本から参加する学校もあった。1回戦は先鋒が、相手次鋒に敗れるが、次鋒の小山が大将までの4人を抜き返し勝利した。
 2回戦では先鋒の江藤が副将までの4人を抜いたが、次の大将で敗れた。次鋒も敗れたが続く中堅の小田鈴珠が胴を決め勝利した。3回戦では先鋒、次鋒と勝ったり負けたり一進一退の攻防が続き、息をのむ展開となった。中堅の小田鈴珠が副将まで3人を引き出したが、相手副将に抜き返され、大将まで引き出された。
 今回の大会ではベスト8というたいへん悔いの残る結果となった。試合の正念場となるところで力を発揮できないのはまだまだひとり一人の精神力が弱いことが原因だと思う。今日の悔しさをバネにまたそれぞれの課題を克服し、1月の全国選抜予選に向け部員全員で力を合わせ頑張りたい。

備 考

1回戦  白百合 4人残し-    出水
2回戦 白百合 3人残し-  八女学院
3回戦 白百合      -2人残し 玉島


記録者

江藤小百合 (2年)








このページのトップへ







































































NO.15
事 項

龍谷高校剣道部創部110周年記念戸田能徳先生
 ・西村隆義先生顕彰高等学校大会

期 日

平成29年度11月25日(土)

場 所

龍谷高校体育館

結 果

団体:3位

状 況

 この大会は龍谷高校剣道部創部110周年を記念した大会で、九州各県、また、西日本、東日本各県の主力チームが参加した。
 予選リーグの1回戦は佐賀県敬徳高校で、先鋒が2本勝ちして流れを作り、大将まで繋いで勝利。2回戦は福岡県八女高校に勝利し、決勝トーナメントに進出した。
 決勝トーナメント1回戦は佐賀県白石高校で、先鋒が1本負けで相手にリードされた状況のなか、次鋒が2本勝ちして大将まで繋ぎ、本数勝ち。準決勝では佐賀県三養基高校で、先鋒が2本勝ちして流れを作ったが、次鋒・中堅が1本ずつ返されて副将が2本勝ちをして再び流れを戻したが大将で1本取り返されてしまい逆転され3位という結果で幕を閉じた。
 今後この大会で出た課題をひとり一人が意識し、克服することを徹底しておこない、日頃からの稽古を見直し一致団結して1月の選抜大会に向けて全力で励んでいきたい。

備 考
予 選
リーグ
白百合 1-0 敬徳高校
白百合 4-0 八女高校
1回戦 白百合 本1-1  白石高校
2回戦 白百合 2-3 三養基高校


記録者  湯地由希乃 (2年)








このページのトップへ







































































NO.14
事 項

第53回熊日杯県下段別剣道選手権大会
期 日

平成29年11月23日(木)
場 所

菊池市総合体育館
結 果

個人   二段女子の部: 準優勝…米本七海
 3 位…小田鈴珠
       
三段女子の部: 3 位…餅井美月

状 況

 この大会は段別に分かれて競い合う個人戦で、中学生から一般までの幅広い年齢の選手が県内から集まり出場する。
 今年は約700以上の選手が集まり、白百合は二段女子の部に9名、三段女子の部に9名が出場した。
 結果は二段女子の部で米本が準優勝、小田鈴珠が3位、三段女子の部で餅井が3位という結果となった。
 個人戦というひとり一人の戦いとなり、苦戦する場面もあったが、しっかり自分を持ちいろいろな技を出して攻めたことが勝ちに繋がった。また、三段女子の部で小山、二段女子の部で佐藤がベスト8に入った。
 しかし、先日の新人戦の悔しさを晴らすことができなかった。また、今回の大会を通して、自分たちひとり一人にできた課題をしっかりと受け止め、1月の全国選抜予選に向け、日々の稽古のなかで精神面、技術面ともに向上させたい。

記録者  餅井美月 (2年)








このページのトップへ







































































NO.13
事 項

平成29年度熊本県下高等学校新人剣道大会
兼第34回九州高等学校選抜剣道大会県予選会


期 日

11月4日(土)~5(日)


場 所

山鹿市総合体育館


結 果

団体:3位(九州選抜大会出場決定)
個人:ベスト8…小田彩可(九州選抜大会出場決定)


状 況

 この大会は熊本県内の高校が新チームで出場する大会である。団体はベスト4、個人はベスト8に入ると2月に福岡県北九州市でおこなわれる九州大会に出場できる。
 4日におこなわれた個人戦では4人が出場し、小田彩可がベスト8、5日の団体戦では1回戦は熊本商業との戦いとなった。先鋒が引き分け、次鋒の小田鈴珠が2本取り、続く中堅、副将も勝利し、勝負を決めた。2回戦は開新との戦いとなり、先鋒の湯地が勝利しリードする展開での試合となり勝利した。3回戦の菊池女子との戦いでは、次鋒、中堅が勝利し2-0のリードした展開だったものの、副将、大将が取られてしまい、代表戦にもつれ込み逆転負けとなった。
今回の試合では、自分たちの精神力の無さを痛感した。これから1月におこなわれる全国選抜大会予選に向け、精神力の強化、また、ひとり一人の課題の修正をしてチーム一丸となって頑張りたい。


備 考

1回戦  白百合 3-1 熊本商業
2回戦 白百合 1-0 開新
3回戦 白百合 2-2(代表) 菊池女子


記録者 佐藤光姫 (2年)








このページのトップへ









































































NO.12
事 項

第16回宮崎武道館旗争奪高等学校剣道競技大会 
期 日

平成29年10月8日(日)

場 所

KIRISHIMAツワブキ武道館・宮崎県体育館

結 果

団体:予選敗退

状 況

 この大会では、九州各県のインターハイ予選のベスト4が出場資格を持つ大会で、団体戦のみが行われた。
 まずはリーグ戦で4校中2位までが決勝リーグへ進むことができる。
 予選リーグ1試合目では大麻旗の決勝で対戦した三養基との戦いとなった。中堅が2本取られ、大将が1本取り返したものの惜しくも本数負けとなった。2試合目では先鋒が1本取ったものの次鋒・副将・大将が取られ敗戦となった。3試合目では島原中央に先鋒が1本取り、次鋒が1本取られ、1-1の展開となったが、中堅と副将が1本ずつ取り勝利した。結果は1勝2敗で予選敗退となった。
 今回の大会は、ひとり一人の課題が多く残る試合となった。11月の新人戦まで残り少ない期間でそれぞれの課題を徹底して直していきたい。

備 考

1回戦  白百合 1-1 三養基  佐賀 
2回戦 白百合 1-3 樟南  鹿児島 
3回戦 白百合 3-1 島原中央  長崎 


記録者 後藤優佳 (2年)








このページのトップへ










































































NO.11
事 項

第72回国民体育大会剣道競技会

期 日

平成29年10月1日(日)~10月3日(火)

場 所

愛媛県武道館

結 果

団体:ベスト16

状 況

 この大会は各県で代表5名が選出され、それぞれのブロック大会を勝ち抜いた県16チームで日本一を争う大会である。我が校からは少年女子の部で、2年の小田彩可が出場した。どのチームも各県の代表と地方予選を勝ち抜いてきたとあってレベルの高い厳しい試合となった。1回戦は岐阜県で、先鋒・次鋒と、自分らしい試合をすることができず、負けてしまった。
 中堅が1本勝ちで副将に繋げたが、副将を務めた小田は長丁場の試合の末、打たれてしまい、結果は1回戦敗退となった。しかし、大将は自分らしい試合をし、熊本の意地を見せることができた。
 思うような結果を残せなかったが、とても貴重な体験となった。この経験を生かし、頑張っていきたい。

備 考

1回戦  熊本県 2-3 岐阜県

記録者 小田彩可 (2年)








このページのトップへ


















































































NO.10
事 項

平成29年度国民体育大会・第37回九州ブロック大会
期 日

平成29年8月20日(日)
場 所

諫早市森山スポーツ交流館
結 果

団体:準優勝
状 況

 この大会は各県で代表7名が選出され、熊本県代表として白百合からは2年生ながら小田彩可が選ばれた。
 本国体への出場権をかけた戦いであり、条件は上位3県である。各県の代表選手による団体戦ということでたいへん白熱した試合となった。
 熊本は1回戦の沖縄に2-0で勝利、2回戦の佐賀では大将戦にもつれ込んだが甲手技を2本決め1-0で勝利。続く3回戦の宮崎とは先鋒が力を出し切ることができず負け、中堅の小田が引き甲手を決め、大将戦へもつれ込み出頭を決め2-1で勝利。続く4回戦も同じ展開となり、小田が引き胴を決め、副将が1本を決め2-1で勝利。5回戦の長崎に2-0で勝利し、福岡には0-1で負け、最後の鹿児島に2-0で勝利した。
 結果は6勝1敗0分けで2位通過し、本国体の出場権は得られた。本国体でも上位を目指したい。

備 考

1回戦  熊本 2-0 沖縄
2回戦 熊本 1-0 佐賀
3回戦 熊本 2-1 宮崎
4回戦 熊本 2-1 大分
5回戦 熊本 2-0 長崎
6回戦   熊本 0-1 福岡
7回戦 熊本 2-0 鹿児島


記録者 小田彩可 (2年)








このページのトップへ












































































NO.9
事 項

文部科学大臣賞争奪第49回宮本武蔵顕彰高等学校剣道大会
期 日

平成29年8月19日(土)
場 所

宮本武蔵顕彰武蔵武道館(岡山県)
結 果

団体:ベスト8…白百合A、ベスト16…白百合B
個人:2回戦敗退…小山亜美、4回戦敗退…小田鈴珠

状 況

 この大会は岡山県を中心に全国各地から高校剣士が集まる大会である。試合は団体戦、個人戦ともにトーナメント戦で行われた。
 白百合は団体で2チーム出場した。Aチームは1回戦の奈良大附属、2回戦の関西学院B、3回戦の履正社に勝利したが、続く準々決勝で尚絅Aに代表戦の末に惜敗し、ベスト8という悔しい結果に終わった。
 Bチームは1回戦の岡山県美作、2回戦の加古川北に勝利したが、続く3回戦で和歌山工業Aに惜敗した。
 個人戦には小山と小田鈴が出場。小山は1回戦は勝利したが続く2回戦で敗退。小田鈴は1回戦、2回戦、3回戦は勝ち進むも続く4回戦で敗れ、ベスト16となった。
 今回の大会でひとり一人の課題、チームとしての課題が明確に出た。これからの稽古でひとつひとつ克服していき、次の大会に向け頑張っていきたい。

備 考

Aチーム        
1回戦  白百合 2-0 奈良大附属  奈良 
2回戦 白百合 1-0 関西学院B 兵庫
3回戦 白百合 1-1 履正社 大阪
4回戦 白百合 1-2 尚絅A 熊本


Bチーム
1回戦   白百合 5-0 岡山美作 岡山
2回戦 白百合 3-0 加古川北  兵庫
3回戦 白百合 0-2 和歌山工業A  和歌山


記録者 小山亜美 (2年)








このページのトップへ
















































































NO.8
事 項

第39回大麻旗争奪剣道大会
期 日

平成29年8月13日(日)~14(月)
場 所

佐賀県総合体育館
結 果

団体:優勝
状 況

 この大会には九州各県、西日本各県から多数のチームが参加した。新チームとなり、初めての試合で熱戦が繰り広げられた。1日目は1試合のみとなり、気迫のこもった試合で2日目に残った。2日目の1試合目では福工大城東に5-0と好スタートを切り、続く白石戦では山場であった。先鋒、次鋒が引き分け、中堅の餅井が1本取り、続く副将の江藤も1本を取り、リードする展開で勝負を決めた。
 3回戦の東海大福岡戦では1-1の接戦となり、代表戦で小山が勝利し準決勝へと駒を進めた。準決勝での長崎日大戦では、次鋒、副将が勝利し2-0で決勝戦を迎えた。決勝戦では昨年ベスト8がけで敗れた三養基との対戦となった。先鋒、次鋒が引き分け、中堅の餅井が1本を取ったが大将が1本を取られ1-1の展開で代表戦となり緊迫した状況の中、小田鈴珠が勝利した。 この大会では17年ぶりの優勝となり、新チームで良いスタートを切ることができた。今回の結果を自信にし、またチーム一丸となって頑張っていきたい。

備 考
  2回戦 白百合 4-0 福岡高校 福岡県
  3回戦 白百合 5-0 福工大城東  福岡県
  4回戦 白百合 2-1 白石  佐賀県
  5回戦 白百合 1-1 東海大福岡  福岡県
準決勝 6回戦   白百合 2-0 長崎日大  長崎県
決勝  7回戦 白百合 1-1  三養基   佐賀県



記録者 江藤小百合 (2年)









このページのトップへ













































































NO.7
事 項

第12回八代市民体育祭剣道大会

期 日

平成29年8月13日(日)

場 所

八代市鏡体育館

結 果

個人:優勝…小田彩可、準優勝…佐藤光姫、
      第3位…小田鈴珠・米本七海 

状 況

 この大会は八代市の小、中、高校生、一般が参加するもので、地区対抗と個人戦がある。その中で高校女子の個人戦出場となった。試合方法は3分3本勝負、1分延長を1回、勝負が決しない場合は抽選となった。
 本校からは10名の参加となり、10名全員が内容の良い試合を展開できた。2回戦目からはすべての試合が白百合同士の対戦となる中で、それぞれが気迫溢れるものになった。その中で決勝に勝ち上がったのは小田彩可、佐藤光姫。猛暑の中、集中力を切らさず思いっきり技を打ち切り、結果は2年連続優勝で小田彩可、準優勝が佐藤光姫、3位は米本七海・小田鈴珠となった。
 ひとり一人が闘志を持った厳しい試合ができていたが、まだまだ改善しなければならない課題も見つかった。
 これからは自分の課題にしっかり取り組み、技術力、応用力も磨いていきたい。

記録者 荻原叶花 (2年)








このページのトップへ














































































NO.6
事 項

第90回平成29年度玉竜旗高校剣道大会

期 日

平成29年7月24日(月)~26日(水)

場 所

マリンメッセ福岡

結 果

団体:4回戦敗退

状 況

 この大会は全国の有力校が必ず参加し、日本一を目指す大会であり、今年は最も多い406チームが出場した大きな大会である。試合方法が抜き勝負であるためとても珍しい。
 八代白百合の1回戦は2日目の最終試合となる28試合目の入りで、佐野日大との対戦となった。結果は次鋒の小山が副将まで抜き、中堅の小田が大将に2本勝ちで2人残しでの勝利となった。2回戦は福翔で油断できない相手だったが、中堅の小田が粘り、流れを松本が繋いで大将小田の延長での1本勝ちとなった。3回戦の玉島との試合では、中堅の小田が4人抜きを果たし勝利した。4回戦は錦江湾で、先鋒で出場した西坂が1本1本の展開で合わせてしまったところからチームの流れが安定せず、大将の小田が延長の末の敗退となった。
 3年生にとっては最後の試合でとても悔しい思いだったが、全員で勝つために努力してきたことを出し切れたとても良い試合だった。

備 考

1回戦   白百合 3-0 佐野日大  (栃木)
2回戦  白百合 3-2 福翔  (福岡)
3回戦  白百合 4-1 玉島  (岡山)
4回戦  白百合 2-3 錦江湾  (鹿児島)


記録者 西坂佳那子 (3年)








このページのトップへ












































































NO.5
事 項

第64回全九州高等学校剣道競技大会

期 日

平成29年7月8日(土)~9日(日)

場 所

KIRISHIMAツワブキ武道館
結 果

個人:2回戦敗退…松本汐里、1回戦敗退…小田彩可

状 況

 この大会は九州各県の総体団体上位2チームと個人ベスト8に入った選手が参加できる大会で、2日間にわたり熱戦が繰り広げられ、白百合からは松本汐里と小田彩可が個人戦に出場した。
 松本は初戦、自分のペースを崩さずに長い延長戦の末勝利した。2回戦は相手に攻められる展開になり、下がったところを打たれてしまった。小田は初戦、積極的に攻め、いい流れを掴んでいたが、手元を上げたところを打たれ初戦敗退となった。
 今回の九州大会で強いチーム、上手なチームと自分たちの違いや足りないところを学ぶことが出来た。玉竜旗までの短い時間を大切にし、ひとつひとつの行動を素早くし、稽古も全力で臨みたい。

記録者  松本汐里 (3年)








このページのトップへ













































































NO.4
事 項

平成29年度熊本県高等学校総合体育大会

期 日

平成29年6月2日(金)~4日(日)

場 所

菊池市総合体育館

結 果

団体:4位
個人:3位…小田彩可、ベスト8…松本汐里

状 況

 この大会は、8月に宮城県で行われるインターハイへの出場をかけて行われる。熊本県内の高校生が参加し、3日間にかけて男女の個人戦と団体戦が行われた。6月2日の女子個人戦には松本と小田が出場。小田が3位に、松本がベスト8に入賞し、九州大会出場を決めた。
 6月4日の女子団体戦は、1回戦の熊本商業に3-1で勝利し、続く2回戦の南陵を5-0で抑えた。
 3回戦は秀岳館に攻める剣道をし、3-0で勝ち、決勝リーグへ進んだ。
 決勝リーグ1試合目の菊池女子には自分たちらしい剣道をしたが2-2の本数差で惜しくも敗れてしまった。2試合目の阿蘇中央、3試合目の鎮西、どちらも2-2の引き分けで、1敗2引き分け、第4位という結果になった。
 全員でインターハイを目指して戦った大会だったが、あと一歩及ばず、出場権を獲得することが出来なかった。今回の大会での反省点を改善し、次の大会にまた気持ちを入れ替えて挑んでいきたい。


備 考

1回戦  白百合 3-1 熊本商業
2回戦 白百合 5-0 南陵
3回戦 白百合 3-0 秀岳館
4回戦(決勝リーグ) 白百合 2-2(本) 菊池女子
5回戦(決勝リーグ) 白百合 2-2 阿蘇中央
6回戦(決勝リーグ) 白百合 2-2 鎮西


記録者 松本汐里 (3年)








このページのトップへ













































































NO.3
事 項

第15回全国優秀校女子剣道錬成京都大会
期 日

平成29年5月4日(木)
場 所

京都府久御山町総合体育館
結 果

団体: 白百合A…復活トーナメント3位
白百合B…3位
白百合C…2位

 
状 況

 この大会は全国から優秀校が選抜され開催される。今年は24チームが出場し、Ⅰ部とⅡ部に分かれてレベルの高い試合が行われた。
 Ⅰ部は4校の予選リーグが行われ、上位2校が決勝トーナメントに進出できる。
 結果はⅠ部で東海大仰星に1-0で勝利したが、その後チームで2敗したため復活トーナメントに移り、3位という結果だった。
 また、Ⅱ部では、予選リーグを突破し、桐蔭学園に2-1で勝利し3位という結果を残した。
 他にも、白百合から3名と他校から2名が選抜された九州選抜チームが2位という結果だった。
 今回、また改めて自分たちの課題への取り組み方や、基礎能力の低さを感じた。インターハイへの残り少ない期間で、部員全員が真剣に稽古に励み、全国選抜予選に続き自分らしい試合ができるよう努力していきたい。

備考

 予選リーグ 白百合A 1-0 東海大仰星  大阪
 予選リーグ 白百合A 0-2 新潟商業 新潟
 予選リーグ 白百合A 0-2 樟南 鹿児島
 復活トーナメント 白百合A (代)3-2 星城 愛知
 復活トーナメント 白百合A 5-0 健大高﨑 群馬
 復活トーナメント 白百合A 1-2 岩瀬日大 茨城
 
 予選リーグ 白百合B 4-0 東北選抜
 予選リーグ 白百合B 2-0 岩瀬日大 茨城
 決勝トーナメント 白百合B 2-1 桐蔭学園 神奈川
 決勝トーナメント 白百合B 0-2 樟南 鹿児島
 
 予選リーグ 白百合C 3-0 新潟商業 新潟
 予選リーグ 白百合C 4-1 盛岡白百合 岩手
 決勝トーナメント 白百合C 2-1 関東選抜
 決勝トーナメント 白百合C  1-0 秋田商業 秋田
 決勝トーナメント 白百合C  0-3 樟南 鹿児島
 

       
記録者 西坂佳那子 (3年)








このページのトップへ















































































NO.2
事 項

第24回黒木旗高等学校剣道大会
期 日

平成29年4月30日(日)
場 所

サンアリーナせんだい(鹿児島)
結 果

団体:ベスト8…白百合Aチーム、2回戦敗退…白百合Bチーム
状 況

 この大会は鹿児島を中心に九州、本州からの高校が集まり行われる大会である。白百合は地震のため2年ぶりの出場となり、2チームでの参加となった。
 Aチームは1回戦から4-0という大差で快勝。そのままの勢いで準々決勝へと駒を進めた。
 準々決勝では先鋒で1本負け。次鋒が取り返そうと果敢に攻めるも、1本にできずに引き分け。中堅も必死に食らいついたが2本負け。副将、大将も負けとなり敗退となった。
 Bチームは1回戦で接戦となったが、1-0で2回戦へと進んだ。次鋒の小山が1本取ってリードするも、中堅、大将が負けて敗退となった。
 今回の試合では、自分たちの本来の力を発揮できず、流れの悪い試合となった。ひとり一人の改善が徹底されなかったことが結果となって出たのでこれをしっかり受け止め、これからの稽古でもっと真剣に課題を克服できるよう頑張りたい。

備 考

1回戦 白百合A 4-0 鹿屋女子
2回戦 白百合A 2-0 中京
3回戦 白百合A 3-1 尚絅
準々決勝 白百合A 0-4 菊池女子

       
1回戦 白百合B 1-0 鹿児島女子   
2回戦 白百合B 1-2  星琳   

       
記録者 正代貴子 (3年)








このページのトップへ












































































NO.1
事 項

城南地区大会
期 日

平成29年4月28日(金)
場 所

八代清流高等学校
結 果

団体:優勝
個人:1回戦敗退…西坂佳那子、2回戦敗退…松田 樹

状 況

 この大会は城南地区の高校が出場できる大会で、団体戦、個人戦ともにトーナメント戦で行われた。団体戦では、1回戦で先鋒と大将が1本ずつ取ったが、中堅と副将が自分たちの弱点を打たれ、2-2で代表戦となった。
 大将の小田が出場し、自分の得意とするところを打ち、勝利した。
 2回戦(決勝)では、前衛で確実に押さえ、中堅から大将が引き分けの2-0で勝利を掴んだ。
 個人戦では、西坂がよいペースで攻めるが技が単純で相手に打っていったところを捕まえられ、1本取られ1回戦敗退となった。
 松田は1回戦自分の得意技で1本勝ち。しかし、2回戦で、追い込まれたところを上からのられて敗退した。この大会でチームの流れ、試合運び、1本を確実に取ることなどを学ぶことができた。総体までの残り少ない日々で自分たちの限界まで挑戦していきたい。

備 考

  白百合 (代)3-2 八代東
決勝 白百合 2-0 秀岳館
 
 
記録者 松本汐里 (3年)








このページのトップへ