こころの泉



いじめ防止基本方針
PDFファイル  開くまで少し時間がかかります






白百合保健室へようこそ~♪

保健室にあのお方が!?




爆睡…




養護教諭の久野先生がいろいろと悩みを聞いています。




こちらが生徒人気ナンバーワンの『チョリス』




読み物も充実しています。




快適なベッド
保健室のベッドって妙に気持ちいいんですよね~。





「まぶしいから閉めてくれ」だそうです。(笑)












激似

白百合保健室ってどんなとこ?

目標:「自分の健康は自分で管理する」

保健室は東側の、明るく温かい場所にあり、生徒に
人気のちょリス(ぬいぐるみ)を相棒に生徒の健康
を守るお手伝いをしています。


<保健室でやっていること>

☆ケガの応急処置

☆体調不良者の対応

☆心配事・悩み事の相談

☆ほけんだよりの発行

☆外部機関(SC、SSW等)との連携


        etc


私が考える生徒に人気のものをご紹介します!!

1位:ちょリスのぬいぐるみ
(ほっぺたの柔らかさでみんなを癒します❤)

2位:保険関係のポスター
(女の子が気になるものを中心に掲示しています♪)


3位:ベッド(休養用)
(ほど良い弾力で、生徒にも評判です♪)

その他

・日当たり良好で冬でも、あったかいんだから~♫
(ただし、夏は注意…)

・詩集(きむ、ミツル等)

・健康に関する本 

            etc











スクールカウンセラー紹介




相談だけでなく、ゲームや漫画の話題など大歓迎ですよー!!
【生徒の皆さんへ】
 こんにちは、スクールカウンセラーの宮﨑保成(みやざき やすなり)です。
本校には様々な役割の先生がいますが、スクールカウンセラーはみなさんが悩んでいること、気になることがある時に、一緒にどうしたら良いのか考えていくことがお仕事です。高校生ともなれば問題を自分で乗り越えていくことも大切ですが、他の人に相談してみることで、もっと良い方法が見つかることもあります。また、自分が考えた方法が本当にそれで良いのか、他の人の意見を聞いてみることも大切です。
 もし困ったことがあった時には自分の中にため込まないで、一緒にどうしたらいいかを考えていきましょう。


【保護者の方々へ】
 私が本校で勤務する中で、保護者の方々の相談も少なくありません。どんどん成長してく我が子に喜びを感じつつも、時には自らの接し方がこれで良いのか、迷われることもあるかと存じます。
 「育児は育自」とも言いますが、我が子が成長に合わせて、親もその子に合うように関わりを変えていくことは、なかなか大変なことです。お子さんが何かに躓きを感じている時、親に頼れるのは何よりの安心になります。時には悩んでいるお子さんをそっと見守るだけで十分なこともあるでしょう。しかし、お子さんにとって負担の大きい悩みの時には、親がその悩みの同伴者となることで、道が開けてきます。
 私の経験でも、親が自分ために一生懸命に考えてくれ、時間を割いて学校にも相談してくれたという具体的な行動が、親は自分の見方なのだという強いメッセージとなり、お子さんの気持ちの安定につながっています。また、生徒からの相談では家庭のことも出てきます。しかし、親との意思疎通が上手くいっていないことでの誤解ということも少なくありません。そのような場合、生徒と保護者の両者から話を聞かせていただけると、私がその橋渡し役をさせていただくことで、早期に悩みが解消することもあります。
 なにかお子さんのことで気になる点がありましたら、ご相談にお越しください。

八代白百合学園高等学校 スクールカウンセラー
臨床心理士 宮﨑保成


























HPトップへ戻る